下町ロケットゴースト

スポンサーリンク
下町ロケットゴースト

下町ロケット新春特別編、阿部寛と吉川晃司が心広すぎ

下町ロケットヤタガラスがついに真のエンディング 下町ロケット新春特別編あらすじ ランドクロウの出遅れ帝国重工の無人農業ロボットは、開発コード・アルファ1を改め、製品名・ランドクロウとして、いよいよ納品が始まりました。 しかし、ライバルのダー...
下町ロケットゴースト

下町ロケットヤタガラス最終話、竹内涼真の一言で状況一変!

今回、島津の掲げた目標を掲げ社員一丸で取り組むシーンがありました。その中で軽部役の徳重聡さんがとうとう残業宣言! 最終話にして最高の見せ場だったと思います。地味に活躍していた軽部、ここで日の目を見た気がして、軽部押しの私としてはうれしい限りです!
下町ロケットゴースト

下町ロケットヤタガラス 、実際にロボットで畑に巨大絵

東京ドーム1.6個分(約2万4000坪)という世界最大規模の農耕アートに挑戦します。驚くことに、このアートを完成させたトラクターには誰も乗っていなくて……。自動運転で動く無人トラクターによる、これほど大規模な農耕アートは世界初だそうです。
下町ロケットゴースト

ドラマ下町ロケットヤタガラス第10話、阿部寛の説得力が凄い!

今までのノウハウを生かし、エンジンには絶対の自信があるが、問題はやはり経験不足の感が否めないトランスミッション、そこで佃は、大学講師のアルバイトとして働く島津(イモトアヤコ)のもとを訪れ、改めて一緒に仕事をしないかと誘います。
下町ロケットゴースト

ドラマ「下町ロケット」ヤタガラス編第6話あらすじと感想、神田正輝が怖い

前回でゴースト編が終わって、今回からヤタガラス編になります。 島津(イモトアヤコ)から、ギアゴーストはダイダロスと資本提携をしたと聞いた佃(阿部寛)たちは、急いで伊丹(尾上菊之助)のもとを訪れます。
スポンサーリンク