スポンサーリンク
家売るオンナ

家売るオンナの逆襲第5話サンチーと留守堂の関係が明らかに!

家売るオンナの逆襲第5話のあらすじ(ネタバレ注意)留守堂(松田翔太)に衝撃の敗北を喫した万智(北川景子)は突然休暇を取り、屋代(仲村トオル)の前からも姿を消します。 今回のお客は柄本時生が演じるサンチーの同級生そんな中、庭野(工藤阿須加)は...
家売るオンナ

家売るオンナの逆襲第4話三軒家万智が留守堂に敗れるその手口が矢沢永吉?

今回は、留守堂がサンチーと直接対決!ポケベル世代を唸らせるナンバートークで驚異の営業!345と830が持つ意味とは? 屋代課長の働き方改革!?そして、足立は今回も留守堂の魅力にはまっていくのだった。
北川景子

家売るオンナの逆襲第3話、北川景子の説得力が相変わらずすごい!

サンチーが独特の哲学でLGBTのお客に家を売りまくる、今回はサンチーの秘策により色んな人が女装します!ツベコベ言ってないで家を売るために着替えるんだ!GO!そして、足立は留守堂との思いを一層深めていくのでした。
家売るオンナ

家売るオンナの逆襲、第2話、松田翔太の妖しい魅力ににみんな鼻血出しまくり!

今回のターゲットは泉ピン子、ある日、気まぐれな高齢のひとり客・神子巴(泉ピン子)に振り回される庭野(工藤阿須加)は決まりかけた契約をドタキャンされ、神子の家探しのために残業の毎日を送っていました。今回もまた、庭野はサンチーに客を横取りされるのでした。
家売るオンナ

家売るオンナの逆襲、第1話、松田翔太がちょっと不思議なキャラに!

結婚して公私ともにパートナーとなった屋代課長(仲村トオル)と共に海辺の「サンチー不動産」で空き家を売りまくっていた天才的不動産屋・三軒家万智(北川景子)は、古巣・テーコー不動産からの熱烈ラブコールを受け、夫婦揃って新宿営業所に復帰することになります。
下町ロケットゴースト

下町ロケット新春特別編、阿部寛と吉川晃司が心広すぎ

下町ロケットヤタガラスがついに真のエンディング 下町ロケット新春特別編あらすじ ランドクロウの出遅れ帝国重工の無人農業ロボットは、開発コード・アルファ1を改め、製品名・ランドクロウとして、いよいよ納品が始まりました。 しかし、ライバルのダー...
下町ロケットゴースト

下町ロケット新春特別編は、厳しい戦いになりそう

下町ロケットゴースト、ヤタガラスは、苦戦していた12月23日に最終回を迎えた『下町ロケット』が1月2日に「新春ドラマ特別編」として放送されます。 池井戸潤の同名小説シリーズが原作の本作は、2015年にドラマ化されると大ヒットを記録し、...
下町ロケットゴースト

下町ロケットヤタガラス最終話、竹内涼真の一言で状況一変!

今回、島津の掲げた目標を掲げ社員一丸で取り組むシーンがありました。その中で軽部役の徳重聡さんがとうとう残業宣言! 最終話にして最高の見せ場だったと思います。地味に活躍していた軽部、ここで日の目を見た気がして、軽部押しの私としてはうれしい限りです!
下町ロケットゴースト

下町ロケットヤタガラス 、実際にロボットで畑に巨大絵

東京ドーム1.6個分(約2万4000坪)という世界最大規模の農耕アートに挑戦します。驚くことに、このアートを完成させたトラクターには誰も乗っていなくて……。自動運転で動く無人トラクターによる、これほど大規模な農耕アートは世界初だそうです。
下町ロケットゴースト

ドラマ下町ロケットヤタガラス第10話、阿部寛の説得力が凄い!

今までのノウハウを生かし、エンジンには絶対の自信があるが、問題はやはり経験不足の感が否めないトランスミッション、そこで佃は、大学講師のアルバイトとして働く島津(イモトアヤコ)のもとを訪れ、改めて一緒に仕事をしないかと誘います。
スポンサーリンク