モダンラブ・東京4話のあらすじと感想、成田凌と夏帆の夫婦がうつ病を克服

man and woman kissing at a balcony日本ドラマ
Photo by artawkrn on Pexels.com
スポンサーリンク

モダンラブ・東京4話のあらすじと感想などを詳しく紹介していきたいと思います!

モダンラブ・東京は現在Amazonで独占配信中のロマンティック・コメディ・アンソロジードラマシリーズです!

1話ごとに完結するために、どこから見てもモダンラブ・東京を楽しめます!

今回の見どころは妻の笑顔を取り戻すために、成田凌と夏帆が夫婦で向き合う愛の形です!

今回はそんなモダンラブ・東京4話のあらすじと感想を紹介していきます!

まずはあらすじから詳しく紹介していこうと思います!

前回のお話はこちらから↓

モダンラブ・東京4話のあらすじ

モダンラブ東京の4話は健吾(成田凌)と麻衣(夏帆)は結婚して3年目になる夫婦の話です。

とある日、デザイナーをしていた麻衣は職場の人間関係の疲れから鬱状態となってしまいます。

そのまま仕事へと行けなくなってしまった麻衣。

そんな麻衣を心配しながらも健吾は懸命に支え、変わらぬ愛情を注ぎました。

優しくもありながら時にユーモアを交えながら接してくれる健吾の姿に、徐々に麻衣の心にも変化が訪れます。

健吾の愛情溢れる姿に麻衣の心が徐々に答えてくれるのです。

健吾は麻衣の笑顔を取り戻せるのでしょうか。

モダンラブ・東京4話の感想

まずはSNSで、視聴者の方々の感想をまとめてみました!

SNSでもいろいろな方に注目をされています!

今回の話では優しく支えてもらいたい方々が多く居ました!

ほかにも同じような経験をした方が多く感想を述べていました!

支えてくれることは偉大!

優しい言葉をかけてくれるのは偉大!と感想を残している方が居ました!

どんなことをしてしまったとしても優しく言葉をかけてくれるのはありがたいことですよね。

そういわれたときは確かに本当に大丈夫なのかな?と不安になっちゃいます。

ですが、後々感謝に変わることは経験があります!

優しくされることが大事だとわかれば、自分以外にも優しくできるはずです!

そんな優しい人間になりたいですね!

共感できてしまう!

過去の経験から懐かしさを覚えている方も居ました!

やり取りまでそっくりだと自分の体験のようにのめり込んでしまいますよね!

人から与えられる優しさは穏やかで心地いいものです!

懐かしみながらも感謝をして生きていきたいです!

人それぞれな辛さがある!

うつ病になる原因は人それぞれにあります!

ですがそれを克服するには共通していることもあるのです。

それが人から与えられる愛です。

今回のドラマでは夫からの愛でしたが、友人や、家族で会っても変わりません。

自分が変わってしまっても、何一つ変わらない愛を与えてくれる存在を大事にしていきたいですね!

モダンラブ・東京4話まとめ

今回はモダンラブ・東京4話のあらすじと感想を紹介してきました!

第5話はSNS上でホラーな回とも言われているお話しです!

一番人気の高い回でもあります!

どのような回になるのかとても楽しみです!

そんなモダンラブ・東京の無料視聴方法はこちらから↓

コメント