「A2Z」10話のあらすじと感想、田中圭の演技に脱帽!

日本ドラマ
スポンサーリンク

「A2Z」10話のあらすじと感想などを詳しく紹介していきたいと思います!

「A2Z」10話では、田中圭の演技に視聴者の多くが脱帽しました!

「A2Z」は2023年2月3日からAmazon Prime Videoで全10話が一挙配信されました!

「AからZまでの26文字にこめられた、大人の恋のすべて」というキャッチフレーズの大人の恋愛ドラマです。

まずはあらすじから詳しく紹介していきます!

「A2Z」9話のあらすじと感想はこちらから↓

「A2Z」10話のあらすじ

「A2Z」10話では一浩(田中圭)が冬子(堀末央奈)と別れ帰宅するところから始まります!

自分勝手すぎる一浩の言い分に納得いかない夏美(深田恭子)は自分も恋人がいることを告白してしまいました。

それではあらすじを詳しく紹介していきたいと思います!

「A2Z」10話のあらすじ~前半のあらすじ~

一浩は冬子と別れて家に帰ってきました。

余りにも身勝手すぎるその言い分に、夏美は自分にも恋人がいることを告白します。

一浩は夏美に対し平手打ちをしますがすぐに後悔し、謝りました。

ですが夏美は冷静に会話をします。

そして、しばらくの間、夏美は家を出ると結論を出しました。

「A2Z」10話のあらすじ~後半のあらすじ~

今日子(木南晴夏)のマンションに同居させてもらいながらも、毎日のように、成生のアパートへと通う生活がスタートしました。

それは楽しく、とても充実した日々となっていきます。

時が過ぎ、夏を迎えたころ、永山の受賞パーティーで久しぶりに一浩と夏美は再開します。

阿吽の呼吸での会話を心地よく感じた夏美は、一浩との関係に懐かしさを抱きます。

一方、成生の下へと早く帰らなければならないという意識も高まってきてしまっていることに気が付きました。

時田(大塚寧々)と小池(長田成哉)から「らしくない」と指摘されますが、自分がそうしたいと望んでいるのだと夏美は自分に言い聞かせていました。

「A2Z」10話の感想

まずはSNSで視聴者の方々の感想をまとめてみました。

SNSでもいろいろな方に注目をされていました。

全体的な感想もあれば田中圭に脱帽したという感想もありました!

あっという間に見終わってしまった!

あっという間に見終わってしまったといっている方が居ました!

主演の3人の感情が入り混じりすぎてそこに共感はできなくても切なさが残りました。

ですがその切なさをかき消すように、おしゃれな映像と音楽。

ほかにもセリフや、画面の動きなどで和らげていてくれていました!

片寄涼太演じる成生のかわいさに思わず頬が緩んじゃいましたよね!

田中圭に脱帽。

田中圭に脱帽している方が居ました!

「A2Z」の起承転結は素晴らしかったですね!

全体的にどこで始まりどこで終わるかが綺麗にわかりやすいものでした!

そして目を見張るのはやはり田中圭ですよね。

田中圭が演じた一浩は多くの視聴者が行動を理解できないといっていました。

感情移入もできず、理解もできないはずの一浩をあそこまで演じ切ってしまう田中圭に驚きが隠せません。

最後のシーンが大好きすぎる!

私は最後のシーンが大好きでした!

田中圭と深田恭子が2人そろって終わってしまった恋の話をしようとしたところです。

あの夫婦のシーンはお互い一度は離れたが、再び愛を感じ合おうとしているように見えました。

そして気になるのは成生が貰った手紙には何が書かれていたのかですね!

あの手紙を受け取った後成生はどうするのか、とても気になります!

「A2Z」10話まとめ

今回は「A2Z」10話のあらすじと感想を詳しく紹介してきました!

深田恭子、田中圭、片寄涼太の3人が主演を務める「A2Z」でしたが、大人の恋愛を見せてくれましたね!

私はあまり共感はできませんでしたが、あの美しくもあり、おしゃれな世界では当たり前のことなのかもしれません!

そんなA2Zの視聴方法はこちらから↓

コメント