半沢直樹2020のキャストの名台詞や顔に注目!第3話

半澤直樹
スポンサーリンク

半澤直樹2020第3話あらすじ

電脳の買収相手であるスパイラルとのアドバイザー契約を正式に結び、親会社・東京中央銀行と全面戦争へと突入した半沢(堺雅人)。銀行の卑劣な買収計画からスパイラルを守ることには成功したが、依然ピンチであることに変わりはなかった。そこで半沢が次の手として瀬名(尾上松也)に提案したのは、なんと「逆買収」だった。
だが、そんなある日、突然、セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってくる。半沢の目の前に現れたのは、黒崎駿一(片岡愛之助)だった。黒崎が一体なぜ? 黒崎のターゲットはいったい何なのか? さらに、タイミング良く検査のことがニュースで報じられ、半沢は裏で伊佐山(市川猿之助)だけでなく、三笠副頭取(古田新太)が糸を引いているのではないかと推測する。
一方、パソコンからゴミ箱の中まで徹底的に検査を進める黒崎は、ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとしていた。もし、半沢たちが水面下で進めている逆買収の計画が見つかってしまうと、すべてが水の泡と化す。半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま高坂(吉沢亮)に指示し、データを消去しようと試み成功!
その後、黒崎は社長室のシュレッダーから、foxの買収計画を復元し、半沢に迫る!
その時、森山がfoxの郷田(戸次重幸)を説得し登場、買収計画はfoxとスパイラルの合意の元で作られたといい金融検査を逃れるのであった。

半澤直樹2020第3話のキャストの見どころ

片岡愛之助の嫌らしいオネェキャラは健在!

今回はなんと言っても黒崎演じる片岡愛之助が目立ってました。
部下に対して股間を掴むおぼっちゃま君を彷彿させる「逆友達んこ」も健在でした。それを見て今田美桜がニヤニヤしていたのも面白かったです。
今回は、執拗に半沢に絡んでいくソーシャルディスタンスを無視した感じがなんか懐かしく感じてしまいます。
今回も追い込んだ時の不適な笑みはどハマりしていましたが、最後に森山が郷田を連れて登場したときの振り向き加減が最高に良かったと思います!

最後に守山を見るために振り返る黒崎

最近チームNACはよく日曜劇場に出る!戸次重幸は今回振り回されて味方になる忙しい役

今回は、ある意味一番修羅場をくぐっているのはFOXの郷田だと思ったりします。普通に考えても、裏切られたとはいえ、半沢たちと手を組むのはなかなか難しいと思います。今回は、そんな騙されたり乗り換えたりで喜怒哀楽が激しい役どころでした。
株価操作をされてボー然としたり、怒り狂ったりする表情から最後スケットとして登場する顔の変化がよかったです!

今回から味方になった郷田それまでは、怒ってばかりでしたw

今回はエピソード0の今田美桜と吉沢亮の美男美女コンビが活躍!

今回の黒崎の検査をかわすために、エピソード0で登場したプログラマーを演じる吉沢亮と今田美桜が直電をするほど仲がいいと言うスキャンダルがさらっと流れつつ、見事に隠しファイルの消去に成功、吉沢亮のパソコンを睨む表情はさぞかし女性ファンを虜にしたのかは秘密です。

コメント