グランメゾン東京10話、祥平がグランメゾンへ!恋の行方はどうなるのか?

グランメゾン東京
スポンサーリンク

グランメゾン東京10話あらすじ

前回は祥平がリンダに追い込まれてgakuを辞めることになりました。今回はとうとう祥平がグラン目オン東京に加入!それを巡ってリンダや蛯名美優(朝倉あき)の父がグランメゾンに圧力をかけると潰す気満々!

一方gakuでは行き詰まる丹後に手塚は何やら企んでいるようです。
最終回まであと少し、どんな展開が待っているのか楽しみです。

グランメゾン東京10話、あらすじ(公式ホームページ)

尾花(木村拓哉)はリンダ(冨永愛)の告発によって「gaku」を去ることになった祥平(玉森裕太)を「グランメゾン東京」に誘う。店に迷惑がかかるからと断る祥平だったが、京野をはじめとした店のメンバーは、ある方法を思いつく!


一方、丹後(尾上菊之助)は、まもなく始まるミシュランの審査のプレッシャーからメニュー開発に行き詰まる。そんな丹後を見て、江藤(手塚とおる)はある計画を推し進めるのだった。
それぞれの店で大きな変化を迎える中で、迫るミシュランの審査。
着々と新メニュー開発に取り組む尾花は、ある大きな決断を下す!
はたして三つ星を取れるメニューは完成するのか!?

グランメゾン東京10話あらすじ(ネタバレ注意)

祥平の懺悔(ざんげ)

尾花にグランメゾン東京に誘われた祥平、左書は断りますが、夏樹に「今言わないと一生言う機会がなくなるぞ」といい、祥平をグランメゾン東京につれてきます。グランメゾン東京のみんなの前で、エスコフィエの事故は自分のミスだったことを告白します。それに対して特に怒ったのが相沢でした。「料理人としてお客様のことを第一に考えれば、黙っていずに名乗り出て原因をきちんと説明して、謝罪するのが料理人としての最低限のルールだろ」と祥平の胸ぐらを掴み祥平を料理人として認めないと憤慨します。そして、祥平は、このことが知れ渡ると一生料理ができなくなるかと思うと怖くて言えなかった。祥平は自分の気持ちを告発するのでした。

京野の料理

みんなに謝罪して逃げるように帰ろうとする祥平を夏樹が「にげるんじゃねぇ」と引き留めます。そこで、京野が「出て行く前にうちの料理を食ってけ」と、京野が料理を作ります。京野の料理は、見た目も洗礼された「本州鹿ロースのパイ包」という鹿肉の料理でした。それを食べた祥平は「付け合わせのクリームソースとローストの相性がいいですね美味しい」と一応言います。それを聞いた京野は「適当なこと言ってんじゃねえよ、お前みたいなやつが一番ムカつくんだよ、これは俺が本気で全力で作った料理だ、でもどうだ、心が動かされるようなものは何一つ感じられないだろう。お前がつくった賄いの方がこの何倍も何百倍もうまかったよ、平子祥平の料理には人を動かす力があるんだよ」と言って胸ぐらをつかみ料理を才能で諦めた怒りが爆発します。

「なぜ才能があるのに料理人を辞めるんだ、そんなのは料理を諦めた料理人に失礼だ」といい、祥平に料理を続けるように言うのでした。
京野の料理は、倫子曰く「ぼんやりした料理」、夏樹は「お前たちこの料理は食っておいた方がいいぞ、京野は料理をやめた時、自分のナイフを処分して二度とお客に出す料理は作らないと言った。これはそう言う料理だ」と祥平のために自分の信念をかけて料理を作ったのです。

ゴーストシェフ平古祥平

夏樹は、最高の料理を作るためには平古祥平の力が必要だと、祥平のグランメゾン東京入りを提案します。しかし、倫子と相沢は猛反対、そこで、夏樹はマグロ料理に挑戦するため、三ツ星のコースを作るためには祥平の力がいると改めて力説、マグロは素材の味が強いためフレンチに向かないと相沢は祥平の加入と合わせて大反対、そこで、夏樹は祥平が加入してもいい理由を5秒以内で家と、萌絵に無茶振り!

そこで「平子祥平がいるからまずいのであって、営業時間中は裏方で働いて、メニュー開発は全力を尽くすゴーストシェフがいいと思う」と提案、新メニューの開発などやることがいっぱいな倫子は、ひとまずゴーストシェフで仮採用という形で納得するのでした。

グランメゾン東京の住宅事情

東京を出て行く予定だったため祥平は部屋を引き払っていました。そのためとりあえず京野の家に身を寄せますが、さすがに限界、ジャンケンで出て行くものを決め、見事夏樹が負けてしまい、凜子のガレージへと戻るのでした。


個人的には、相沢の家や師匠である潮のところとかあるんじゃないか?とも思いますが…
倫子もまんざらでもない様子なのでこれがきっとベストなんでしょうね。

新料理の開発

グランメゾン東京は、メイン料理は夏樹と祥平、その他の料理も手分けしてメニューの作成に取り掛かる方針になります。そんな中、新メニュー第1号として相沢が「クスクスのサラダ」を完成させます。

そして、夏樹が試食した結果、夏樹が天を仰ぎます。今まで、単独で夏樹の納得がいく料理を作れなかった相沢は大喜び、それをみながら祥平はメイン料理のキジバトへ気持ちを集中させるのでした。

丹後の新メニュー

時を同じくして、丹後は江藤に試作品を食べてもらっていました。湯葉で花を包んで山ワサビの泡ソースをかけるという料理は、江藤も驚くほどの完成度でした。「これをお一人で完成させたんですか?」

そう江藤が問いかけたところに、「江藤オーナー結月さんが来られました」江藤が呼んでいたのは、結月 聡パリの二つ星店でスーシェフをしていた男で、丹後の代わりに来月からシェフを任せるつもりだったのです。


それを聞いた丹後は退職を決意するのでした。

江藤の信念

退職の準備をしている丹後に江藤は「私を罵らないんですか?私は殴られる覚悟でこの人事を決めました。」それを聞いた丹後は「料理人は手が命だ、やるなら蹴りだ!」

「丹後さんは料理を決めるのは料理人の腕だと思っているのでしょうがわたしは違います。私は料理を決めるのは一皿にかけられるお金です。お金をかけて最高の食材と最高の料理人を集めれば最高の一皿が生まれる。だけどそんなことはできません。お客様はたった一皿のためにお金をかけてはくれませんからね、でも三ツ星を取れば全てが変わる。私はコストに縛られずに最高の料理と最高のサービスを追求できるそんな究極のレストランを作りたいんです」
「俺じゃ三ツ星を取れないと思ったのか」それを聞いた丹後の問いかけに江藤は、丹後は世界8位という結果残してくれたが祥平が抜けた後の丹後は自信をなくしていた。自信がない料理人に三ツ星は取れないと丹波にいいます。
丹波は最後の湯葉を使った料理も自信がなさそうに見えたかと問いかけますが、江藤は「本当に今までおつかれさまでした」と声を詰まらせながらいい丹後はgakuを去って行くのでした。

リンダと真っ向勝負

祥平を探しにグランメゾンにやってきたリンダ、そのリンダに夏樹は今最高のメイン料理を作っているから試食に来てくれとオファーをします。

敵対しているリンダに何でわざわざ試食をたのむのか?と問いかける倫子に対しとうとうメイン料理を完成させた夏樹と祥平、夏樹は試食当日、料理をリンダの元へ祥平に運ばせます。
当然怒るリンダ、そこへ夏樹が「いかがですか、この料理に三ツ星は付きますか?」と聞くと「そもそも、星は店につくもの平古祥平がいる店には星はつけさせない」と言って席を立ちます。

そして倫子はリンダを 追い「覚悟はできてるんでしょうね」というリンダに対し「私たちはお客様に一番美味しい料理を食べさせるために平古祥平が必要だと判断しました」と反論、「尾花夏樹は三ツ星を取ったことがないのよ」というリンダに「私は尾花夏樹という料理人に 心底惚れこんんでいますから」と返した倫子、今後のリンダ対倫子が楽しみです。

グランメゾン東京10話見どころや感想

朝倉あきのできた彼女ぶりがよかった

今回、祥平がコンタミネーションの真犯人だとわかり、美優の父が大激怒し、gakuに乗り込んで祥平を探します。そして、グランメゾン東京に探しにきた時も祥平のことを心配し、消息だけでも知りたいと言うことで尋ねていました。
そして、料理を食べた後も祥平は私と父のことを気にせずにグランメゾン東京で働くべきだとか、かつて嫉妬していた萌絵のモンブランも素直に味を認めるなどいい女ぶりを発揮していました。
朝倉あきさんは日曜劇場では下町ロケットにも出ていましたが、今回は眼鏡での登場というところでだいぶ違った印象を受けます。

個人的にはメガネ顔いいですが素顔の方が好みな感じです!

玉森裕太男泣き

リンダを説得できなかった責任を感じている祥平を皆んながフォローするシーンが感動しましたね、一皿だけでは無理だけど、グランメゾンん東京のフルコースだったら今の状態のリンダでも落とせる。尾花夏樹だけでなく全員の気持ちが一つになった感じが良かったです。「グランメゾン東京で働きたいです!」祥平の泣き顔が印象的でした。


来週はとうとう最終回、どんな形で夏樹がグランメゾン東京を去って行くのか目が離せませんね!

関連記事はこちら

グランメゾン東京11話、マグロフレンチで木村拓哉が三ッ星を取る!

グランメゾン東京9話、リンダに追い込まれた祥平がグランメゾンへ!

グランメゾン東京8話、木村拓哉が師匠に怒られる

グランメゾン東京7話、相沢とアメリーの絆が泣ける!

グランメゾン東京6話、魚をテーマに木村拓哉と尾上菊之助が直接対決!

グランメゾン東京5話、とうとう玉森裕太も加入?三ツ星カレーを売りまくる!

グランメゾン東京4話、玉森裕太がキムタクにデザートで挑む

グランメゾン東京3話、キムタクのブラック企業ぶりが凄い

グランメゾン東京2話、玉森裕太が意外な優しさを見せる!

グランメゾン東京1話、速水倫子の店グランメゾン東京は新しいで三ツ星のフレンチになる

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

同期のサクラ1話、高畑充希演じるサクラが個性的でカワイイ

ノーサイドゲーム1話、大泉洋の崖っぷちからの逆転ラグビーの始まり!

白衣の戦士4話、水川あさみと沢村一樹のやりとりがちょっといい感じに!

白衣の戦士1話、中条あやみの元ヤンぶりがかわいい

獣になれないわたしたち最終話、新垣結衣の選んだ最後とは?

コメント