グランメゾン東京5話、とうとう玉森裕太も加入?三ツ星カレーを売りまくる!

グランメゾン東京
スポンサーリンク

グランメゾン東京第5話あらすじ

グランメゾン東京5話あらすじ公式ホームページより

3年前のナッツ混入事件について、リンダ(冨永愛)が書いた記事がもとで、記者からの直撃取材を受ける尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)。記事は、尾花の過去についても大々的に書かれて、炎上してしまう。
そして、ついに迎えた『グランメゾン東京』オープン当日。
しかし、前日までいっぱいだった予約はすべてキャンセルという最悪の滑り出しに。
オープンして、すぐに閉店の危機。
そんな中、尾花は余った食材でフードフェスに出店することを提案する。店に人が来ないのであれば、自ら外に売り出しにいくことで、お客さん誘導に繋げようと考えたのだ。
そして、そこに強力な助っ人が加わった。祥平(玉森裕太)だ。
祥平は、美優(朝倉あき)の父・西堂(岩下尚史)から、「グランメゾン東京」に融資した際のことを咎められたこともあり、尾花のもとを訪ねていたのだ。
全員で、力を合わせてフェスに向けた料理開発に挑む。
はたして、尾花たちは失った信用を取り戻し、顧客を獲得することが出来るのか?!

グランメゾン東京5話あらすじ(ネタバレ)

美優が雄花に大激怒

祥平は美優の父と食事の際に、美優の父から汐瀬の城西信用組合に口を利いたことに腹を立てて「最低の店と関わるんじゃない」、祥平のホテルのオーナーにプレッシャをかけるといわれます。

しかし、「最低じゃない」と祥平は美優の父に反発し、ホテルを辞めることを決意するとその場を離れてしまいます。そして、祥平はその足でグランメゾン東京へ向かいます。そこで、京野たちに中に入るよういわれると後から美優が入ってきて、「あなたさえいなければ私たちはうまくいっていたのに!」と詰め寄ります。

何とかなだめる祥平、そこで今まで、祥平がグランメゾン東京に対して様々な支援をしていたことが明らかになります。

カレーに込められた夏樹の思い

夏樹が必死になってるのか?と疑問に思っている凜子に相沢は「相当必死だよ、尾花は一流レストランは決して安売りしないと言ってランチすらやらなかった」夏樹は、いつお客が満杯になってもいいように食材の仕入れの量は減らしませんでした。

そこで考えたのが食材のロスを減らしながら、フェスに食事を出して味を知ってもらおうという作戦でした。しかし、この作戦で一番痛いことは、いい料理を出しても、グランメゾン東京の名前が出せないため、大きな集客に繋げられないことでした。

スリースターの快進撃にgakuの魔の手が迫る

カレー以外にも、ハンバーガー、餃子などなんでもフェスに出掛けては行列を作る事で注目を浴びていました。しかし、夜の営業も続けながらの昼のフェス参加でみんなの疲労もピークになっていました。そこに、アシスタントの2人が辞めると言い出し、追い込まれるグランメゾン東京、そんな中、フェス中に運営側から尾花が食事を作っていると出店中止を言い渡されます。

前回のフェスで運営者が知り合いだったという江藤の嫌がらせの匂いがプンプンする中撤退を余儀なくされる尾花たち、そして、疲労で凜子が倒れてしまうのでした。

祥平の告白、ナッツ混入の真相が明らかに!

丹後が祥平の元を訪れ、祥平の料理を食べながら、尾花の店を手伝うのか?と探りを入れてきます。今度うちの店に食べに来ないか?その丹後の誘いに応じ、祥平はgakuに食事に行きます。そこで、丹後に昔話をされます。


「エスコフィーレで働いているお前を引き抜こうとしたとき、無料でもいいから尾花の元で勉強したいと言っていたお前が、なぜグランメゾン東京へ行かないんだ?お前が犯人なんじゃないのか?」と核心をついた質問をされた祥平、「みんなには状況を見て告白するつもり」そうしてホテルを辞めて、実家の餃子工場を継ぐ決意を丹後に伝えるのでした。

グランメゾン東京5話の見どころや感想

祥平の献身的な手伝いの理由と尾花の対応が泣ける

祥平はこれまで色々な場面で夏樹を助けてきました今回その理由が明らかになりました。アレルギー食材の犯人が実は祥平だったことが分かり、今までの献身的な手助けの訳がわかりました。なにより、夏樹と祥平がなんとなく事件のことを知っていて、祥平を店に入れなかったり、翔平も正式に店に加わらなかったのに納得がいきます。

祥平の決断の真意が気になる

祥平は何と丹後誘いに乗ってgakuへ入ります。この祥平の真意は何なんでしょう。一つは夏樹に「フレンチを辞めるな」と言われたことだと思います。そして、今までgakuのオーナーの江藤から嫌がらせを受けていることもあって、その情報を流す役を買って出る、芹田とのスパイ合戦もあるのではないかと期待しています。

カンナとエスコフィエの関わりが気になる

今回久住栞奈(中村アン)がリンダに真犯人を知ったときどうするのか聞かれていました。そこで、いったい何があったのか今後の展開が気になります。

関連記事はこちら

グランメゾン東京6話、魚をテーマに木村拓哉と尾上菊之助が直接対決!

グランメゾン東京4話、玉森裕太がキムタクにデザートで挑む

グランメゾン東京3話、キムタクのブラック企業ぶりが凄い

グランメゾン東京2話、玉森裕太が意外な優しさを見せる!

グランメゾン東京1話、速水倫子の店グランメゾン東京は新しいで三ツ星のフレンチになる

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

同期のサクラ1話、高畑充希演じるサクラが個性的でカワイイ

ノーサイドゲーム1話、大泉洋の崖っぷちからの逆転ラグビーの始まり!

家売るオンナの逆襲第4話三軒家万智が留守堂に敗れるその手口が矢沢永吉?

「獣になれない私たち」第5話あらすじと感想、ガッキーが限界近い!

ドラマ下町ロケットヤタガラス第7話、阿部寛に対する仕打ちがひどい

コメント