グランメゾン東京3話、キムタクのブラック企業ぶりが凄い

グランメゾン東京
スポンサーリンク

グランメゾン東京3話あらすじ

前回、汐瀬(春風亭翔太)の舌を唸らせて、資金の調達を完了しました。今回は開店の準備もすすみプレオープンにこぎつけます。そこで食材を巡り、猟師と対決!gakuの嫌がらせにどう挑むが見ものです!

グランメゾン東京3話あらすじ公式ホームページ

尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)は、「グランメゾン東京」のメインディッシュになる肉料理に挑んでいた。しかし、納得できる食材でメニューを作り出せずに悩んでいた。
そんな折、京野(沢村一樹)は、パリにいる編集長のリンダ(冨永愛)から参加店の選定を任されたというフードライター・栞奈(中村アン)の紹介で、農水省と世界的な人気雑誌「マリ・クレール ダイニング」のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることを決める。
最初は乗り気ではない尾花だったが、丹後(尾上菊之助)率いる「gaku」が参加することを聞き、やる気になる。ついに直接対決か?と思われたが、「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)が、メイン食材となる鹿の上質な部位であるロースを市場から買い占めてしまい、尾花たちは絶体絶命のピンチに陥る。
そんな中、相沢(及川光博)から、伝説のジビエ猟師・峰岸(石丸幹二)の存在を聞かされた尾花と倫子。上質な肉を求め、早速彼のもとへと向かうが、頑固な職人の峰岸に門前払いされてしまう。
「gaku」とは雲泥の差の食材を使い、どう料理を作るか…尾花は必死に向き合う。
しかし、迫り来る期日…ついにコンクールの日を迎えてしまう。
不利な状況でも「グランメゾン東京」は「gaku」に勝つことができるのか!?

グランメゾン3話あらすじネタバレ

相沢の加入

gakuの妨害により限られた食材でメニュー開発を行わなければ無くなった倫子たち、そこで再度相沢にメニュー開発を頼みます。最初は夏樹と厨房に立つと家庭に影響が出ると断っていた相沢でしたが、倫子は毎日娘のアメリちゃんを毎日迎えに行くことと定時に退社することを条件に相沢にお願いします。夏樹は料理に全てを傾けないと星は取れないと言い反発しますが、倫子がそんなことはないと一蹴し、相沢の獲得に成功します。

伝説のジビエ猟師、峰岸の実力

食材探しに苦労している倫子たちに相沢が伝説のジビエ猟師の情報を提供します。そして、凜子と夏樹は静岡の天竜へ(個人的に通った道なので気持ち的に上がりました。)そこで、峯岸にジビエを卸してもらおうとしましたが門前払いされます。そこで、夏樹が自分の料理が世界一うまいとかいう奴は世界を知らないと挑発します。見事挑発に乗せられた峯岸は2人にジビエ料理を振舞います。


実際に峰岸の料理を食べた凜子と夏樹は、鹿肉の臭みのなさに驚きます。峰岸は えものを銃で仕留めるのではなく、罠で生け捕りにし、自分の厨房でに血抜きをして臭みを無くしていました。「生き物は一番美味しく食べる」を信条にした峰岸のこだわりを見た夏樹は峰岸を本物と認めるのでした。

平古の優しさがいじらしい

相沢のサイトが休みになったことを松井萌絵(吉谷彩子)から聞いた平古はグランメゾン東京の様子を見にいきます。そこで、京野から鹿肉の調達で困ってることを聞きます。そして平古は自分の名前で仕入れた鹿肉をグランメゾン東京に提供します。

鹿のもも肉決め手は、アイデアの合作

メニューの試行錯誤をする凜子たち、相沢も迎えに行く時間以外は家でもメニューの研究に明け暮れていました。そこで、無理を言って相沢に加わってもらったことに気後を感じていた倫子、そんな倫子に京野は、これは相澤が望んでやったこと、そんなことより料理長として料理を完成させれば相沢も帰れる。と説得。

そこで、倫子は鹿の野性味に合わせて動物の血ソースを使うことを提案します。それはもう試したという相沢に、コンソメと組み合わせようと夏樹が閃きます。ここで2人のアイデアの合作が誕生します。

料理は、無駄なく美味しくいただく

峰岸の料理と生き物に対する姿勢を見た夏樹は、厨房で鹿を血抜きするときにそのまま捨てていた鹿の生き血を峰岸から譲ってもらいます。

そして完成したソースにあわせる肉を焼く倫子、うまくいかないからといって本番夏樹に焼いてもらおうとしましたが、芹田の倫子さんの肉硬い発言により猛特訓、焼き加減を何とかマスターするのでした。

本番当日のアクシデントその裏で!

本番当日、夏樹は連絡も取れず、いっこうに会場に現れません。

そこで、倫子が料理を作りコンテストへ参加することに、料理の仕上がりは完璧でしたが優勝はgakuがとります。一方で夏樹は浜松の峰岸のもとへ、完成した料理を食べさせに行きました。そこで、峰岸は料理のうまさを認め、何故ここに来たのかを尋ねます。そこで夏樹は「生き物と料理に対する向き合い方をもう一度考えさせてくれたから」と答え、食材の大事さを改めて教えてくれたと言います。

それに気を許した。峰岸はグランメゾン東京へジビエの食材を下ろすことを決め、グランメゾン東京の関係者となるのでした。

キャラ弁が結んだ友情

メニュー開発が終わり店を去った相沢、いつものようにアメリを迎えに行くと、荷物の多さをアメリに質問されます。そこで「お店は今日まで」というと「尾花くんのお弁当もう食べられないの?」とアメリがいいます。

そして先生からお弁当の写真を見せてもらうと、尾花が作ったかわいいお弁当の写真がありました。キャラ弁のおかげで友達にも凄いと言われて嬉しかったというアメリに相沢は、キャラ弁の作り方を習いに来たとグランメゾン東京に戻り、正式にメンバーとして加入するのでした!

グランメゾン東京3話、感想やみどころ

キムタクのブラック企業ぶりが凄い

今回の話で夜な夜な開店に向けてメニューを考えている傍で、夏樹が芹田(寛一郎)を野菜を5ミリ角に切るという試練を受けていました。そこで、ウトウトする芹田を背後から一撃!昔ながらの方法で指導する夏樹の姿よかったですねw


1日の平均睡眠時間が3時間みんなが限界近い中働いているブラックぶりがよかったです。夢と目標によるブラックのホワイト化、結構難しいですよね、だけど目標があるからこういう厳しいことを乗り越える努力ができるっていうのもいい話の醍醐味です。

手塚とおるの悪役ぶりがイイ

今回のジビエ料理対決で話の肝になったのはどうやって鹿肉を手に入れるか、それを難しくしていたのがgakuのオーナー後藤(手塚とおる)でした。丹後と後藤の力関係も今回明らかになり、試食品でも後藤にダメ出しする場面も見られました。そして、丹後がかわいそうだと思ったのは夏樹との対決に買った後に、食材の買い占めと審査員に口添えしていたことがバレたことでした。優勝して喜んでるところに妨害工作の影響があったことがわかるとかなりプライドやられますよね。ちょっと丹後が可愛そうに思えてしまいました。


「店のためならなんだってする。ロビー活動もしました。勘違いせんでほしい、星はシェフにつくんやない、店につくんや、店の名前を上げるんがわしの仕事や」この人のプロ根性も凄いところがあると思います。

関連記事はこちら

グランメゾン東京6話、魚をテーマに木村拓哉と尾上菊之助が直接対決!

グランメゾン東京5話、とうとう玉森裕太も加入?三ツ星カレーを売りまくる!

グランメゾン東京4話、玉森裕太がキムタクにデザートで挑む

グランメゾン東京2話、玉森裕太が意外な優しさを見せる!

グランメゾン東京1話、速水倫子の店グランメゾン東京は新しいで三ツ星のフレンチになる

この記事を読んだ人はこちらの記事もよんでいます

ノーサイドゲーム1話、大泉洋の崖っぷちからの逆転ラグビーの始まり!

家売るオンナの逆襲第7話、サトエリのボーリング姿がかわいい

白衣の戦士4話、水川あさみと沢村一樹のやりとりがちょっといい感じに!

ドラマ下町ロケットヤタガラス第9話、土屋太鳳の涙の理由は?

ドラマ下町ロケットヤタガラス第8話、神田正輝が追い込まれる!

コメント