グランメゾン東京2話、玉森裕太が意外な優しさを見せる!

グランメゾン東京
スポンサーリンク

グランメゾン東京2話あらすじ

前回の最後、キムタクの「速水倫子のグランメゾン東京は新しい三ツ星のフレンチになる」の台詞カッコよかったですね!
第2話では開店のための資金作りに奔走します!
木村拓哉さん、鈴木京香さん、沢村一樹さんの秘策が楽しみです。

チョット春風亭翔太さんがいやみな銀行員を演じるのも楽しみです。

最近日曜劇場にちょくちょくでますよね翔太さん。起死回生の一皿に期待です!

グランメゾン東京2話あらすじ、公式ホームページ

オープンに向けて準備を進める「グランメゾン東京」。だが早速大きな壁にぶちあたっていた。開店に必要な資金5000万を用意しなくてはいけなかったのだ。倫子(鈴木京香)と京野(沢村一樹)は銀行にかけあうが、断られ続ける。
一方で、尾花(木村拓哉)はそんなことお構いなしにメニュー開発に没頭していた。
そんな彼らの動向を掴んだ「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)は冷笑するが、過去の尾花を知る丹後(尾上菊之助)だけは警戒を強めていた。
尾花たちは、次の作戦として、名声のある相沢(及川光博)に手を借りにいくが、シングルファザーで娘を育てていることもあり、オファーを断られてしまう。

窮地の中、京野はある秘策を思いつく。それは、「gaku」の時に懇意にしていた城西信用金庫の融資担当・汐瀬(春風亭昇太)に相談すること。そこで、無担保で5000万円の融資を5年で完済することを条件に事業計画を説明する倫子だが、汐瀬から原価率の高さを理由に計画書の改善を求められてしまう―。
それを聞いた尾花は汐瀬に最高の一品を作るから食べてくれと直談判する。
はたして汐瀬が納得する一皿はできるのか?

グランメゾン東京2話あらすじ(ネタバレ)

相沢と尾花の料理対決

シングルファザーの相沢の娘アメリーがゼリー好きだったことを思い出し相沢の家で店に来るように説得する尾花、しかし、昔尾花の期待に応えられなかった相沢は誘いを断る。
相沢は子供のアメリーと毎日保育園に迎えに行く約束を守るためにディナータイムのあるレストランはできないということだったのです。


そこで、尾花は料理教室のアシスタントで働かせてもらうよう頼み込みます。相沢の料理教室で実際に相沢の料理を見る尾花、そこで教室の生徒が持ってきたワインに合う料理を作る対決をします。

料理教室の「簡単にできる」をテーマに制限時間5分で対決する尾花と相沢、食材にトリュフを使った尾花に対して抹茶を使ったパスタを作った相沢、料理教室の生徒は相沢の料理を選んだのでした。

徹夜で研究に没頭!

尾花は、料理教室で相沢に負けて自分の料理では今の日本人の舌に合わないかもしれないと考えます。尾花はアメリにデザートを作り取り入ってうまく相沢の家いついてアシスタントをしながら料理を研究するようになるのでした。そこで一から日本の食材について学び直します。


そして、相変わらず融資先が決まらない京野、そこで最後の頼みの綱としてレストランの経営に詳しい城西信用金庫の汐瀬に頼もうとします。しかし、それはgakuで江藤に紹介してもらった銀行員でできれば頼りたくない相手だったのです。

汐瀬の判断

汐瀬に融資を頼むため京野はgakuに行き江藤と丹後に仁義を切りに行きます。

そして汐瀬に事業計画を見てもらう京野、そこで食材の原価率を10%下げるようにいってきます。しかし、尾花は料理の原価は下げないと一点張り、そして相沢の家に入り浸り料理の研究をするのでした。
事業計画をどうにかしようと考えている京野と倫子を他所に尾花は以前の部下の平古(玉森裕太)がシェフを勤めるホテルのバイキングを食べに行きます。

尾花はそこで、平古にローストビーフの味について文句を言います、そんな中バイキングの料理の中で美味しいものを見つけて作ったのは誰か探し、松井萌絵にアドバイスをしながら帰ります。

gakuの嫌がらせ

融資先であるgakuに上司とともに食事に来た汐瀬、そこで江藤はワインをサービスしながら丹後とともに結婚記念日の予約をとってはどうだと勧めます。二つ星レストランのりょうりはどうですか?と進める江藤たちに汐瀬は「とっても美味しいです。といってもそんなに味はよくわかりませんが」と返します。

そんな汐瀬に対し江藤は、京野がアレルギー事件を犯した尾花とともにレストランを立ち上げようとしていると情報を流します。
それを聞いた汐瀬は融資をやめると言ってきます。それを聞いた尾花は蕎麦屋で蕎麦を食べている汐瀬に会い、ひと味加えて蕎麦を美味しくした後、握手をかわしします。

そこで尾花は「料理を一皿試食しないか」と問いかけます。しかし、汐瀬は「どんなに美味しい料理だとしても味に融資はできないんです」といって店を後にします。

平古の婚約相手

平古は同じホテルで働いているコンシェルジュの蛯名美優(朝倉あき)と付き合っています。

そして、結婚間近の状態です。しかし、美優は政治家の娘、初めての食事の時に平古が尾花のレストランでアレルギー事件を起こしたことを美優の父から知らされる。そして、今後尾花のレストランのメンバーと関わるとスキャンダルに発展するので縁を切るように言われる。

そして困ったことがあるなら相談しなさいと美優の父親から釘を刺されるのでした。そんな中、相沢が平古の元を訪れあるものを渡します。それは尾花が作ったローストビーフ用のグレイビーソースでした。相沢は尾花がホテルで働いている平古の意見を聞きたいということで相沢に預けたのでした。

しかし、近寄るなと言われてるのに接近してくる尾花に苛立ちを隠せない平古はソースをゴミ箱に捨てるのでした。

訪れたチャンス

出口が見えずに悩んでいる倫子と京野、そんな時汐瀬から融資は料理を試食してから決めるという連絡が入ります。なんのことだかわからない2人に尾花は自分が汐瀬に提案したことを打ち明けます。そして、グランメゾン東京のメンバーは試食に向けた一皿を作るために準備を始めるのでした。

テーマは日本の食材を使い原価を下げること

原価率を下げることに反対していた尾花、しかし食材を現地で調達することに成功すれば原価が低くても美味しい料理が出せると尾花は考えを改めます。そんな中選んだ食材は「ナス」でした。実はナスはかつて相沢とともにレシピを考えたが完成に至らなかった一品だったのです。そうして、ナス料理の一皿を完成させるため、尾花たちは血の滲むような努力を始めるのでした。

試食会の結果は?

試食会は開店予定の場所で行われました。そこで「ナスと白レバーのプレッセ」を出す尾花、汐瀬は当初乗り気でありませんでした。しかし、一口食べた瞬間「うまい!」といって感動します。汐瀬はこれまでこんな料理は食べたことないと絶賛!

特にナスの上にあった黒いサクサクしたものに興味を持ちます。実はこれこそが今回の料理の決め手となったチョコレートで作ったシートだったのです。このアイディアを考えたのが尾花が助言を求めた時に相沢が考えたものだったのです。

融資の行方

味には感動したものの今までの京野の事業案では、無理だということで汐瀬は融資を打ち切ろうとします。もうことが終わろうとした瞬間「チョット待ってください!」そう倫子が叫び1枚の書類を汐瀬に渡します。「家と土地の権利書です。これを担保に融資をお願いします」

汐瀬は、事業に失敗すると家はもう2度と戻らないけどいいのか問いただしますが倫子の決意は揺るぎませんでした。しかし、汐瀬は慈善に調べたところ家の資産価値は4500万円しかなく500万円足りないと説明します。尾花が納得いかず汐瀬に食ってかかろうとした瞬間、汐瀬は「銀行には私が掛け合います」と融資を約束!
尾花の料理が汐瀬の心を動かした瞬間でした。

グランメゾン東京2話感想

平古演じる玉森裕太が今回の影のキーマン

なんだかんだで尾花を憎みきれない平古、今回のピンチを救ったのも、「これからは困ったことがあったらなんでも言いなさい」といった父親にグランメゾン東京の情報を伝えて、試食してから融資を決めるようにいったことだと思います。

今回のエンディングロールでチョットだけ美優から「この前の頼まれたお店融資決まったらしいよ」というシーンにチョットこいついいやつじゃないか!と思わせるとこらがありました。こんなふうに伏線を張ってくるのも結構ですよね!

気になる相沢と平古の加入のタイミング

今回気になってくるのは相沢と平古がどの様にグランメゾン東京に加入するかです。相沢は娘のアメリー、平古は美優の父親との関係が絡んでくるんではないかと勝手に予想してます!来週が楽しみですね!

関連記事はこちら

グランメゾン東京6話、魚をテーマに木村拓哉と尾上菊之助が直接対決!

グランメゾン東京5話、とうとう玉森裕太も加入?三ツ星カレーを売りまくる!

グランメゾン東京4話、玉森裕太がキムタクにデザートで挑む

グランメゾン東京3話、キムタクのブラック企業ぶりが凄い

グランメゾン東京1話、速水倫子の店グランメゾン東京は新しいで三ツ星のフレンチになる

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

同期のサクラ1話、高畑充希演じるサクラが個性的でカワイイ

ノーサイドゲーム1話、大泉洋の崖っぷちからの逆転ラグビーの始まり!

集団左遷1話、福山雅治の奮闘ぶりと香川照之の悪徳ぶりが凄い!

白衣の戦士1話、中条あやみの元ヤンぶりがかわいい

家売るオンナの逆襲、第1話、松田翔太がちょっと不思議なキャラに!

ドラマ下町ロケットヤタガラス第8話、神田正輝が追い込まれる!

コメント