グランメゾン東京1話、速水倫子の店グランメゾン東京は新しいで三ツ星のフレンチになる

グランメゾン東京
スポンサーリンク

グランメゾン東京1話あらすじ

グレンメゾン東京1話あらすじ公式ホームページより

舞台はパリ。フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。彼女は、料理人としての人生をかけてフランスにきていた。そんな中、ある一人の男と出会う。
その男は、倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに、突然駆け込んできて、一方的にメニューのアイディアを出して、代わりに作ろうとする。聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。
その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。
その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。
そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼした。
その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する。

グランメゾン東京1話あらすじネタバレ

日本の恥と呼ばれた男、尾花夏樹

尾花夏樹は飛ぶとり落す勢いのシェフでしたが、外交官に出した料理にナッツが入っていたため、アレルギーショックを起こしてしまいます。
そして調査に入ってきた大使館の調査員を殴り逮捕されてしまいます。
このニュースは世界的なニュースとなり、尾花はフランス料理界から追放されてしまいます。その後は、いろんなレストランを転々としながら借金取りに追われる生活を送っているのでした。

性格は料理に対しては頑固、そして人に対してはストレートにぶつかり、敵を作りやすい性格、根はいい奴なのだがそこを表現出来なく勘違いされやすいところがあります。

腕は二流、舌は超一流のシェフ、速水倫子

倫子は非常に研究熱心な性格で、料理に関する知識は豊富です。以前尾花の料理を食べたことがあると尾花に話した時、食材を完璧に言い当てます。

倫子は、料理を食べるだけで使われた食材と調理法が判る能力を持っていたのです。その舌を見込んで夏樹は倫子と店を開こうと決意します。
そして、東京に帰り、東京の最新のフレンチ事情を知るには南青山の「GAKU」にいくのがいいと食事に出かけます。

夏樹から絶対の信頼を得るマネージャー、京野陸太郎

GAKUに着いた夏樹と倫子、そこには以前夏樹と組んでフランスで三ツ星を目指して レストランをやっていた京野と出会います。

そこで夏樹は京野にもう一度一緒にやらないか?と声をかけるも、前回の事件で多額の借金を背負わされた京野は激怒、倫子に「こんな奴とレストランをやるのはやめたほうがいい」といわれてしまいます。

しかし、夏樹はレストランをやるには京野のレストランを管理する能力が必要だと諦めません。

レストランGAKU

フレンチレストランGAKUはミシュランガイド一つ星レストランで、オーナーの江藤不二男(手塚とおる)はミシュランを研究し、3つ星レストランを目指し経営していました。そこのメインシェフ丹後学(尾上菊之助)は以前夏樹や京野とともにフランスのランブロワールで修行していたのです。

そこで、夏樹と倫子はミシュランの調査員が店に来ているのを目撃します。
レストランGAKUの料理は液体窒素を使うなど最新の科学調理などを使っている斬新なものです。しかし、オーナーの江藤は三ツ星の獲得以外は利益優先主義、ミシュランの調査が入った後は店が選ぶペアリングのワインの原価を下げるなど「全ての客にベストな料理を出す」が信条の京野とはスタンスが違います、しかし、夏樹のせいで背負った借金を工面してくれた手塚に恩がある京野は店を辞めれないのでした。

丹後の策略と倫子の覚悟

お金がないことを理由に倫子の家に転がり込んだ夏樹

レストランを作るためになかなかレストランの開業の準備が進まない、昔の仲間である相沢瓶人(及川光博)や元部下の平古祥平(玉森裕太郎)に声をかけますが答えはノーで帰ってきます。


そこで、夏樹は倫子を使って京野を家に呼び出し思い出の料理を作りながら 再度説得をします。しかし、京野は官僚を殴った理由を夏樹に問いただし、「おれの料理をバカにしたから」と答えたことに激怒し、「そんな自分勝手なシェフに人生を預けられない」と帰ってしまいます。


そして、夏樹が京野を引き抜こうとしたことを知った丹後は 倫子を引き抜き夏樹を追い込もうとします。「引き抜きは飲食業界の常識でっせ」そういう江藤に「考えさせてください」と答えその場を後にします。

倫子の決断

家に戻ると夏樹は料理を作っていました。倫子は、夏樹に丹後の店に行くと告げ、店を止めようと提案します。倫子は夏樹と誰も一緒にやろうと言ってくれないことと、倫子は自分みたいな人間とレストランをやろうと考えるのはおかしいと言います。夏樹は「自分の料理を食べて美味しいと言ってくれたのが嬉しかった、丹後のところで困ったら京野を頼るといい」そう言って家を出て行きます。


しかし、夏樹が残していった料理は、京野との思い出の料理に倫子がアドバイスした物を実際に作ったものでした。それを食べた倫子は、思い切って京野を獲得する決意をするのでした。

グランメゾン東京1話、感想

最後に京野を説得しに行く倫子がカッコ良かった

今回の見所は最後に倫子が京野を説得しにGAKUへ行くところでした。


1000万の借金を返すと同時にあんなに堂々と「京野さんを引き抜きにきました」というのは正直スカッと感がありました。鈴木京香はなんかああいうシーンが似合いますよね、そして、うろたえる江藤役の手塚とおるさんの演技が絶妙だったと思います。

キムタクはやはりカッコいい

なんだかんだ言って木村拓哉は木村拓哉でした。歳をとってもあんまりカッコよさが衰えていない気がします。今回の「グランメゾン東京」は個人的に「ロングバケーション」と なんとなく雰囲気が似ている気がします。
特に最後の「速水倫子のグランメゾンん東京は、新しい三ツ星フレンチになる」の台詞は痺れました。

次回からの豪華俳優陣の活躍が楽しみ

今回チョイ出だった、及川光博さんや今回から 存在感を示した沢村一樹さんが織りなす展開に期待したいです。大物揃いのドラマだけに来週の拡大放送がたのしみです。

関連記事はこちら

グランメゾン東京6話、魚をテーマに木村拓哉と尾上菊之助が直接対決!

グランメゾン東京5話、とうとう玉森裕太も加入?三ツ星カレーを売りまくる!

グランメゾン東京4話、玉森裕太がキムタクにデザートで挑む

グランメゾン東京3話、キムタクのブラック企業ぶりが凄い

グランメゾン東京2話、玉森裕太が意外な優しさを見せる!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

ノーサイドゲーム1話、大泉洋の崖っぷちからの逆転ラグビーの始まり!

白衣の戦士1話、中条あやみの元ヤンぶりがかわいい

家売るオンナの逆襲、第1話、松田翔太がちょっと不思議なキャラに!

ドラマ下町ロケットヤタガラス第7話、阿部寛に対する仕打ちがひどい

獣になれない私たち第8話、恒星の人間味にグッと来た!

コメント