ノーサイドゲーム最終話、大泉洋の説得力がハンパない!

ノーサイドゲーム
スポンサーリンク

ノーサイドゲーム10話(最終回)あらすじ

前回、滝川のカザマ商事買収を止めたと思ったら、まさかの脇坂の裏切りに驚きました。今回は、君嶋の反撃が見どころですね!ラグビー協会にも改革を起こし、どうやってアストロズを優勝させるか楽しみです。
今回は、前回怪我をした濱畑の活躍が最後に見れそうな気がします。七尾が後半モールに突っ込むもサイクロンズの汚い攻撃で退場に追い込まれ、そこで濱畑登場!とか勝手に期待しています!たのしみだなー!

ノーサイドゲーム10話あらすじ公式ホームページより

カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂(石川禅)はこれまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言。次の取締役会でアストロズの予算削減案を提案するという。

これが可決されればアストロズは廃部に追い込まれてしまう。君嶋(大泉洋)は日本蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)にプラチナリーグの改革案を持ち込むが…。
一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。ブレイブス戦で膝を負傷した浜畑(廣瀬俊朗)も懸命なリハビリを続けていた。そしてついに決戦の日を迎える。

ノーサイドゲーム10話あらすじ(ネタバレ)

ラグビー協会木戸のジレンマ

いつも君嶋の話を門前払いしていた木戸理事、実はラグビー協会の改革の必要性を説いて、ラグビーのワールドカップを日本に誘致した人物だったのです。しかし、その思いとは裏腹にワールドカップを日本に呼ぶために富永会長をおして絶対服従をする羽目になったのです。


その思いを知った君嶋は、木戸に対して、改革案を支持してくれるように説得します。
ある日、木戸の元に訪れた、君嶋は、木戸が富永会長に君嶋の改革案を提示しているところを見かけます。

しかし、富永会長は「ワールドカップが全てだ」とばっさり!そこで君嶋は情熱の限り木戸に説得、「富永会長に反旗を翻せというのか!」木戸は当初たった一人では何もできないと断りましたが、君嶋が他のGMも賛同していることを知らせ、「我々が守らないで誰が日本のラグビーを守るんですか!」君嶋のこの言葉に木戸は改革への決意を固めるのでした。

アストロズの予算はどうなった?

ある日の夜、アストロズの練習場の真ん中で君嶋は夜空を見上げながら考え事をしていました。そこにキャプテンの徹(高橋光臣)を中心にアストロズのメンバーが登場します。

徹は「どうしてもGMにつたえたいことがありまして」とボロボロだったアストロズをここまで率いてくれてありがとうとお礼を言い、そして、取締役会の結果にかかわらず次の試合は全力で戦う、だからGMも思い切って戦ってくださいと、君嶋を激励します。君嶋は「君たちのラグビー人生を命をかけて守る」と取締役会に参加します。
そして、予算案の決議、脇坂はアストロズに総額450億円以上費やしたのにリターンが何もないと吠えます。

そこで、君嶋はアストロズはこの2年間で収益が見込めるチームに成長したといい、特に地域密着型の経営により宣伝効果も大きいと主張します。しかし、脇坂はラグビー協会が変わらない限り収益が増えないと、予算半減を決議します。その時、君嶋に木戸から富永の解任が決まったと知らせが入り、アストロズの予算は逆転の維持に決定します。

脇坂が滝川を陥れることができたのはナゼ?

アストロズの予算会議が終わった後、脇坂が君嶋に帰れと会議の場所から追い出そうとした時、君嶋の提案により、風間商事の売却問題を再び取り上げることになります。
風間と滝川は大学の同期でしたが、実は脇坂と風間は同じ高校の同級生だったのです。そして、タンカーのオイル流出事件の時、風間は脇坂に対応を相談していましたのです。脇坂は風間がオイルの偽装をするために賄賂を送ったことも知っていたのです。そして、偽装工作がしっかり行われたかを確認するために風間から通帳のコピーを手に入れ、風間を裏切り、自分の出世の道具にしたのでした。


それに怒りを感じていた風間は、君嶋と滝川の説得により、会議で証人として出席することを決意します。そして、脇坂との不正の全てを打ち明け、脇坂の目論見は消えてしまうのでした。

アストロズ対サイクロンズ戦の行方は?

運命の最終戦は満員の中開催されます。特にアストロズは、君嶋の努力によりパブリックビューイングも満員という注目度の高さでした。
試合は、サイクロンズがアストロズを研究しまくり、七尾が絡むプレーをことごとく潰してきます。さらに里村を本来のスクラムハーフの役割であるパス出しから外し、バックスの攻撃人数を増やすといいう作戦にズルズル点差を広げられます。

七尾の欠点であるモールやラックへの参加は七尾の勇気により克服されますが、前半は完全にパスコースを読まれてサイクロンズに圧倒されます。前半は26ー6と20点差これは、トライとコンバージョンキックを3本ずつ決めないと逆転できない点差でした。しかし、そこでアストロズファンの応援歌の大合唱!アストロズは後半に向け士気をあげるのでした。


そこで紫門が撮った手段は濱畑の出場、スタンドオフを七尾と濱畑の二人に増やし攻撃のバリエーションを増やすというものでした。これが紫門が目指したアストロズのラグビーの最終形態です。

しかし、実際に濱畑の足は想像以上に悪い状態でした。今後の選手生命を心配した君嶋に対し、濱畑は「選手生命、そんなものはありません。今日後最後です。あなたに会えて良かった」と決意を告げ後半戦に臨むのでした。
七尾と濱畑、マークの少ない方が攻撃するという攻撃に加え、後半戦直後から士気が落ちていたチームを盛り上げるために、濱畑との連携プレイでドロップゴールを3つ決めて9点追加し、逆転圏内まで押し上げ、残り1トライ差まで追い上げます。

そんな中、ふとした瞬間からアストロズは1トライ奪われてしまいます。しかし諦めないアストロズはなんとか食らいつき、残り1プレーの状態で1トライ様で詰め寄ります。時間稼ぎをするサイクロンズ、そんな中ラスト1プレーのホーンがなります。興奮する会場!

負傷を押して出場している濱畑の足も限界に来ていた時タックルを受けても名を立ち上がってトライを目指す濱畑!

そんな濱畑を捉えたのはかつてのチームメイト里村!

里村は濱畑をラインの外に押し出し、試合終了を狙います。

しかし、そこに走りこんできたのは七尾、最後の最後に濱畑から七尾へのパスが通り逆転のトライを決めます。

ノーサイドゲーム10話感想など

松たか子がとうとうラグビー場に

今回厳しいやり取りを大泉洋と繰り広げていた真希(松たか子)がとうとうラグビー場に!ノーラグビーからレッツラグビーに変わった瞬間が良かったです。

試合中でも、持ち前の厳しい意見で、諦めそうになっていたアストロズ応援団に喝を入れていました。そして、最後には二人で抱き合うという下手なシーンですがなんだか感動してしまいました。

濱畑の最後

濱畑は、選手生命を終えて現役を引退しましたが、本社に戻った君嶋に変わってGMに就任、紫門との会話の中で、厳しい予算に対して、「君嶋みたいに頑固だな!」といわれ、濱畑が「はい、あの人のこと尊敬してるんで」と言うシーンに君嶋と濱畑の友情を感じました。

さすが池井戸作品、前評判を覆す面白いドラマ

これまで、TBSは池井戸作品に全勢力を傾けて主演のキャストなどもそうそうたるメンバーで結果を出してきました。ところが、『ノーサイド・ゲーム』に関して、制作費を抑え込んでいました。
これは次クールの木村拓哉主演『グランメゾン東京』に莫大な制作費がかかるための措置です。今までと比べると、地味なキャストで、TBSはまるで“捨てドラマ”扱いといわれていて、周りからの期待感も薄かったみたいです。
しかし、最終的には、平均で約12%と高視聴率をマークししました。『ノーサイド・ゲーム』結構泥臭くて、熱い気持ちになれて良かったです。

来年4月には半沢直樹が予定

次回の池井戸作品は『半沢直樹』!
続編は7年越しの悲願だっただけに、第1シリーズ(2013年7月期)同様、20%の大台超えを狙いたいTBSの頑張りに期待したいところです。キャスティングが難航しているらしいですが、今から期待したいですね!

放送終了後更新します

関連記事はこちら

ノーサイドゲーム9話、君嶋が滝川に吠える!真の敵が登場!

ノーサイドゲーム8話、上川隆也の悪役ぶりが凄い!

ノーサイドゲーム7話、濱畑を巡る戦い、君嶋がサイクロンズの策略に挑む

ノーサイドゲーム6話、本社に戻る?君嶋の決断は!?

ノーサイドゲーム5話、アストロズ、紫門の秘密兵器が登場!

ノーサイドゲーム4話、多英と佐々がチームを支える!

ノーサイドゲーム3話大泉洋がアストロズの宣伝に大苦戦

ノーサイドゲーム2話、大泉洋が監督探しで奮闘

ノーサイドゲーム1話、大泉洋の崖っぷちからの逆転ラグビーの始まり!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

ドラマ三昧の記事一覧

白衣の戦士5話、片瀬那奈が演じる不倫の切なさがしみる

家売るオンナの逆襲第7話、サトエリのボーリング姿がかわいい

パーフェクトワールド1話、松坂桃李の格好良さと山本美月のいい子さ加減がやばい!

ドラマ下町ロケットヤタガラス第9話、土屋太鳳の涙の理由は?

コメント