ノーサイドゲーム8話、上川隆也の悪役ぶりが凄い!

ノーサイドゲーム
スポンサーリンク

ノーサイドゲーム8話あらすじ

前回は、まさかの里村の引き抜きでしたね、最初は濱畑が1話かけてじっくり話を断るかと思っていましたが、いきなり濱畑がサイクロンズ行きを断る衝撃の展開でした。


今回は、里村がいなくなって激しいレギュラー争いが起こります。七尾と濱畑のレギュラー争いが楽しみです。
そして、社長交代後の新体制の中アストロズの命運がどうなるのか気になるところです。

ノーサイドゲームゲーム8話あらすじ公式ホームページより

里村(佳久創)が抜けたアストロズは落胆するどころか開幕戦に向けて激しいレギュラー争いが繰り広げられていた。中でも新加入した期待の七尾(眞栄田郷敦)はスタミナ不足を露呈し、スタンドオフのポジション争いは浜畑(廣瀬俊朗)がリードしていると思われた。しかし浜畑は七尾のスタミナ不足の原因を見抜き、解決策を伝える。そんな頃、ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになった。君嶋(大泉洋)は総務部長として反対派の声を聞こうとリーダーの苗場(金山一彦)に声をかけ懇親会を開催する。するとある疑問が浮かび、君嶋はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)に自らの考えを打ち明ける。その一方、ゴルフ場の責任者・青野(濱津隆之)とも君嶋は会話を続ける。青野は熱い夢を語るのだが…。

ノーサイドゲーム8話あらすじ(ネタバレ)

カザマ自動車の闇

カザマ商事の子会社と言う理由で府中工場に押し寄せてくる反対運動の人達、君嶋は地域住民との触れ合いを通じて、反対運動の人も大事にしなければと、意見を話す場を設けます。その際、反対派の森下教授が来ないと言う話を聞きます。森下教授は、カザマ商事のタンカー事故のオイルを分析した人だったのです。


その後、森下教授に会いに行った君嶋。森下教授は、銀杏の木を残すために反対運動に参加していたのでした。

七尾の友情

アストロズは昨シーズン2位になった影響もあってボランティアも大盛況!
特に、病気の子供達に勇気を与えたいと病院の小児科は力を入れていました。そんな中、七尾はラグビーボールのことを銀杏みたいというマナちゃんと知り合います。

マナちゃんは重病で入院していて、英語を勉強していました。七尾はニュージーランドで育った経験を活かし英語を教え仲良くなり、アメリカで手術を受ける予定だということを聞きます。実は、その女の子は森下教授の娘で、手術には約2億円の大金が必要だったということがわかります。

大金の出所

大金の出所は予想通り、カザマ商事でした。反対運動の中心人物から森下教授がバンカーオイルの調査を行っていることを聞き、青野は風間社長にこのことを伝えます。そして、風間は娘の手術代の2億円を出す代わりに調査結果を改ざんするようにいったのです。

レギュラーの行方

アストロズのレギュラー争いその注目は、モチロン濱畑と七尾です。そして、メンバーは紅白戦の活躍次第で決まる。そんな中、濱畑は、スタミナ不足に悩んでいる七尾に、原因は古傷をかばっているから身体のバランスを崩してスタミナを消費していると指摘、鍼治療を紹介して七尾を助けます。

「ベストの状態のお前を叩き潰さないと意味がない、ブチかましたるわ」濱畑はそう行って七尾に真正面から挑むようにいいます。

紅白戦

そして、試合当日、君嶋は青野を紅白戦に誘います。試合開始直後、七尾のチームがキックをした瞬間、通常であれば前に向かって一斉に走り出すところを七尾は後ろに下がります。

それを見た濱畑は、キャッチした選手に「パスパス、パース!蹴るな!」とい叫ぶも、準備していた七尾にボールが渡り、自陣ゴール10メートル前からのドロップゴールを決められます(ちなみ凄さは、同じ距離からサッカーでゴールを決めるようなもんです)。

七尾のスーパープレーに驚く一同、そして、紫門はこのプレーは非常に意味がある。これで濱畑のチームは開始直後に、ボールを相手陣地に蹴り込むというセオリー通りの攻撃がしにくくなる。「やはりあいつはラグビーをわかっている」そう紫門に言わせるのでした。しかし、濱畑も七尾にはないタックルの強さとフィジカルの強さを見て、試合は一進一退の攻防戦に!


結局七尾の決めたドロップボールが決め手となり、3ー0で七尾のチームが勝利します。
そして、最後に紫門からのレギュラーの発表アストロズの背番号10スタンドオフは七尾に決まるのでした。

そして、濱畑は頼んだぞとエースの座を譲るのでした。

青野の決断

青野は学生時代ラグビーをやっていました。そして、ケガで社会人ラグビーを諦め現在の会社に入ったという。そして、ケガでラグビー諦めたことを後悔していました。
試合を見ていた青野は、アストロズの正々堂々とし戦い振りに感動します。
試合後、君嶋は、青野をクラブハウスの見学へへ誘います。


そこで、森下教授のオイル偽装問題を話します。そこで、このままオイルの問題を放っておけば、5000億の賠償金が発生し、常盤自動車は傾いてしまいラグビー部がなくなってしまう。「懸命に戦う彼らの未来を奪わ合いでやってほしい!」君嶋は渾身の思い出説得をします。そして、青野はレギュラー争いをした、七尾と濱畑が発表後に抱き合うノーサイドの精神を見て「私の知っていることを全て話します。」と涙ながらに決意するのでした。

ノーサイドゲーム8話感想

上川隆也のコンプレックの表現が凄い!

今回は、上川隆也が演じる滝川と風間社長の大学時代の話が出てきました。そこで出てくる風間は絵に描いたように金持ちを鼻にかける嫌なやつでした。金がない普通の学生がいかないようなところで飯を食って高いワインを開けて一人飲み第8000円。

本当の金持ちなら奢りそうなもんですが、あえての割り勘、そして来れないってわかっていながら2次会に誘った挙句に「おい、一生これない店に連れてやったんだから感謝しろよ」と何とも腹立たしい捨て台詞を吐く始末。


今回はこのコンプレックスから風間に対しての憎しみとも取れる表情がよく見て取れました。正直言ってなかなかの怖い表情です。普通にインタビューとか受けている上川さんからするとかなりイメージが違うような感じですが、これこそが役者魂といったところでしょうか。


この、風間との乾杯の後の風間を睨む表情痺れます。そして、きずかない風間の鈍感さにも痺れます。

残すところあと2話、君嶋との直接対決も間近に迫ってますます続きが気になります!

関連記事はこちら

ノーサイドゲーム最終話、大泉洋の説得力がハンパない!

ノーサイドゲーム9話、君嶋が滝川に吠える!

ノーサイドゲーム7話、濱畑を巡る戦い、君嶋がサイクロンズの策略に挑む

ノーサイドゲーム6話、本社に戻る?君嶋の決断は!?

ノーサイドゲーム5話、アストロズ、紫門の秘密兵器が登場!

ノーサイドゲーム4話、多英と佐々がチームを支える!

ノーサイドゲーム3話大泉洋がアストロズの宣伝に大苦戦

ノーサイドゲーム2話、大泉洋が監督探しで奮闘

ノーサイドゲーム1話、大泉洋の崖っぷちからの逆転ラグビーの始まり!

この記事を読んでる人はこちらの記事を読んでいます

パーフェクトワールド1話、松坂桃李の格好良さと山本美月のいい子さ加減がやばい!

ドラマ下町ロケットヤタガラス第7話、阿部寛に対する仕打ちがひどい

家売るオンナの逆襲第7話、サトエリのボーリング姿がかわいい

白衣の戦士2話、酔った中条あやみが部屋着でお泊り!

ドラマ三昧の記事一覧

コメント