ノーサイドゲーム7話、濱畑を巡る戦い、君嶋がサイクロンズの策略に挑む

ノーサイドゲーム
スポンサーリンク

ノーサイドゲーム7話あらすじ

前回、七尾の加入により選手層を厚くしたアストロズ!しかし、それは同じスタンドオフであり、元日本代表の濱畑とポジションがかぶる。

そこに津田監督が何やら移籍話を持ってくるという感じでした。そして、カザマ自動車との合併にも動きがありそうな今回、ますます目が離せないですね!

ノーサイドゲーム7話あらすじ公式ホームページより

アストロズに七尾(眞栄田郷敦)が加わった。スピードとテクニックを誇る七尾だが、絶対エース・浜畑(廣瀬俊朗)とポジションが被る。紅白戦では控え組が勝ったとはいえ、浜畑・里村(佳久創)のレギュラーコンビの壁は厚く、七尾と佐々(林家たま平)は練習でやり込められる日々が続いていた。そんな中、サイクロンズの津田監督(渡辺裕之)は秘密裏に浜畑に接触し…。
一方、君嶋(大泉洋)はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)の元を訪れていた。以前に星野から聞いたタンカー座礁事件とカザマ商事のオイルの関係が気になっていたのだ。星野がオイルと事故の因果関係を調査した森下教授(辻萬長)に改めて確認したところ、事故の原因とは関係ないとの結論が出たという。星野は取り越し苦労だったと謝るが、津田と浜畑の密会を見た者がいるとまたもや君嶋が仰天する情報を伝える。

ノーサイドゲーム7話あらすじ(ネタバレ)

濱畑の決断

濱畑は、津田からサイクロンズへ来ないかと、日本代表をチラつかせながらこうしょうをします。しかし、濱畑はアストロズに残る決断をしました。「アストロズで日本代表を目指しますわ」そう言って津田の誘いを断ったのでした。しかし、サイクロンズの魔の手は実は濱畑だけじゃなかったんです。

揺れる里村

アストロズの主力といえば、スタンドオフの濱畑とスクラムハーフの里村、この2人のうちどちらかが欠けてもアストロズは、大きなダメージを受けてしまいます。しかも時期は開幕直前、この立て直しが効かない、引き抜きに君嶋は激怒します。
そして、チームメイトは、里村を裏切り者扱いし、チームの雰囲気はギクシャクしてしまいます。
「引き止める方法はある」紫門は、移籍承諾書を発行しなければ、里村は移籍先で1年間試合に出ることができないことを君嶋に教え、君嶋次第で里村をサイクロンズの試合に出さないということを告げます。

濱畑の気持ち

君嶋は、里村に対し、移籍するなら承諾書は出さないと告げます。「俺に承諾書を出さないなんて日本ラグビーへの挑戦ですよ!」そう言って、激怒する里村、結局移籍の気持ちは変わらず、全盛期の今、より上のレベルを目指すという気持ちは変えないことを宣言します。
そんな里村は、アストロズ以外でも影響が出ます。

今まで、「会社のためにラグビーをやっていたからと特別扱いしてやったんだ、これからは特別扱いはしない」そう言って、多くの仕事を回され、残業する日々が始まります。そんな時手を差し伸べたのは濱畑、「家族が困ってんのやったら助けるのが当然やろ、どこへ行っても頑張れよ里村、応援してるで」そう言って濱畑は、里中の残業を手伝うのでした。

アストロズの誇り

里村の移籍に関して不満が溜まっていたアストロズ、そんな中、君嶋は濱畑に、この問題をチーム全体で考えたいとミーティングをひらきます。


そこで、濱畑は自分自身もサイクロンズから声がかかったことを告白し、自分自身がいい条件のチームから声をかけられたらどうする?と言って理解を求めました。しかし、アストロズに里村が残ってくれなかったと言われ濱畑は、
「確かにそれは俺も悔しい、アストロズを選んで欲しかった。けどなぁここまで一緒に戦ってきた仲間が、今度は世界で闘おうとしてるんや、それは俺らアストロズの誇りやないか、俺ら家族の誇りやないか!あいつからラグビーを奪って、ほんまに俺らはそれでええんか、お前らほんまは俺とおんなじこと考えてたんとちゃうんか、どうなんや」


そして、キャプテンの哲が「あいつが1年間試合に出ないのは日本のラグビー界に取ってもマイナスだと思います。自分は、濱畑のいるサイクロンズを倒して優勝したい!」と熱い想いを訴え、里村の移籍承諾書を出す雰囲気ができます。

そこで君嶋は、「君たちは人が良すぎる、勝つための戦略として間違っている。だが、私も賛成だ!これがアストロズの戦い方だな!」そういって、移籍を承諾します。

アストロズのスクラムハーフ

里村は常盤自動車を退社する日、夜一人で出て行こうとしました。しかし、それをアストロズのメンバーに見事とめられてしまいます。
「里村、好き勝手やってただで出ていけるとでも思っていたのか、長年共に戦ってきた、選手たちの気持ちってもんがあるんだ、罵声の一つも浴びていけ、それぐらいの覚悟はできてるんだろ」
「里村、お前よくも俺たちを袖にしてくれたな、出て行ったことを必ず後悔させてやる、覚えてろよ。俺たちはサイクロンズをボッコボコにぶっ潰して優勝する。そうだよなぁ!みんな!お前は自分がいないと俺たちが勝てないと思っているかもしれなが、俺たちは平気だ、だからお前がどこに行こうが勝手にやるががいい。ただし、情けないプレーをしてアストロズのなを汚すことは絶対に許さない。最後に俺たちからお前に餞別がある」
そして君嶋が「これは我々の決意表明でもあり、君への挑戦状でもある」
そういって里村へ移籍承諾書を渡します。


里村はそれを受け取り、「すまん」そう言って深々とお辞儀をし、アストロズを去っていくのでした。

ノーサイドゲーム7話感想

里村の本当の気持ち

里村は、佐々の成長を実は飼っていました。そして、それが番組後半でわかった時、それまでの、里中のつれない態度になんとなく共感を持てた気がします。チームの練習に合流しなかったのも、実は裏切った罪悪感から距離を取りたかったのかもしれませんね、それが現れていたのが、友部(ブリリアンのコージ)にタックルを教えるシーンでも出ていたと思います。

カザマ商事の買収をする上川隆也の悪役ぶりがすごい

滝川の買収工作も最終段階まで来たという感じですね、ゴルフ場建設の反対運動が再燃し、今後ストーリーに影響が出てきそうです。カザマ商事社長室での買収をしたらときわに会社を渡すと言われた時の「会社ではなく俺にだ」といった不敵な笑みはすごいものがあったと思います。

今後、君嶋との対決が激化していきそうなので楽しみです!

関連記事はコチラ

ノーサイドゲーム9話、君嶋が滝川に吠える!

ノーサイドゲーム8話、上川隆也の悪役ぶりが凄い!

ノーサイドゲーム6話、本社に戻る?君嶋の決断は!?

ノーサイドゲーム5話、アストロズ、紫門の秘密兵器が登場!

ノーサイドゲーム4話、多英と佐々がチームを支える!

ノーサイドゲーム3話大泉洋がアストロズの宣伝に大苦戦

ノーサイドゲーム2話、大泉洋が監督探しで奮闘

ノーサイドゲーム1話、大泉洋の崖っぷちからの逆転ラグビーの始まり!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

白衣の戦士2話、酔った中条あやみが部屋着でお泊り!

家売るオンナの逆襲第3話、北川景子の説得力が相変わらずすごい!

獣になれないわたしたち最終話、新垣結衣の選んだ最後とは?

ドラマ下町ロケットヤタガラス第8話、神田正輝が追い込まれる!

パーフェクトワールド1話、松坂桃李の格好良さと山本美月のいい子さ加減がやばい!

コメント