ノーサイドゲーム6話、本社に戻る?君嶋の決断は!?

ノーサイドゲーム
スポンサーリンク

ノーサイドゲーム6話あらすじ

前回のアストロズの試合は感動的でした。シーズン終了後から次のシーズンまでの話、滝川との確執も本格化していきそうです!今回は色入りな人達の決断がメインの回でした!これからも目が離せませんね!

ノーサイドゲーム6話あらすじ公式より

サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロズ。選手たちが喜ぶ中、GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。
来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)から全否定されてしまう。島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままだった。
数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺れる。


自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。やはりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。すると、その席に日本蹴球協会会長・富永(橋幸夫)が現れ…。

ノーサイドゲーム6話あらすじ(ネタバレ)

ラグビー協会の厚い壁

君嶋は、アストロズのチケット収入は改善したが、協会からの分配金がないこところに目をつけます。そこで、協会全体がチケットを売らなければならないと君嶋は提案をしようとします。しかし、その他のチームの乗り気になった時、「ラグビーはアマチュアのスポーツです!これは富永会長の意向でもあるのです」と専務理事の木戸が猛反対、結局君嶋の案は通らないのでした。

しかし、そんなところでへこたれる君嶋ではありません。息子が練習中におやつの時間を削って練習する姿に心を打たれた君嶋は、何度も木戸にアタックをする決意をするのでした。

本波の決断

本波は、最後の試合で見事タックルを決めるなどアストロズのフォワードの主力として活躍してきました。本波は、大学を卒業してラグビーをやめようとしていた時に拾ってくれたアストロズに対し恩返しをしたいという思いで頑張っていました。しかし、体の方は限界を迎えていました。「このチームで勝ちたかった、諦めが悪かっただけです。」本波は君嶋になぜラグビーを続けていたのかという質問にこう答えました。そして、チームに迷惑をかけたくないと、ファンのためにその分お金を使って欲しいと、そして、アストロズは自分がいなくなってもどんどん強くなると自ら身を引く決断をするのでした。

その気持ちに感動したアストロズのメンバーはキャプテンの哲を中心にアストロズの歌の大合唱で見送るのでした。

君嶋の決断

君嶋は、脇坂に呼び出されて経営戦略室に戻ってこないかと誘われます。返事は1ヶ月後、脇坂的には二つ返事でそくOKが出ると思っていましたが、意外にも答えはNO!
君嶋は「優勝して本社に戻る」その気持ちを貫き通し最後の挑戦をすることを決めるのでした。

七尾の決断

ニュージーランド帰りの七尾がとうとうアストロズ入りを決断します。当初は本社で慣れないデスクワークをやっていて、周りの社員から「随分のんびりやっているわね」と言われる始末です。
しかし、アストロズのファン感謝デーで七尾の実力が発揮されます。ファン感謝デーのメインイベントでスタメン対控えの紅白戦があります。そこで七尾はスタンドオフ(司令塔)のポジションで出場します。そこで七尾はスタンドオフで重要な類稀なるキックと状況判断を見せ、控えチームを30ー29で勝利に導きます。

特に七尾の3連続ドロップキックでの逆転劇は凄かったです。
ちなみに、トライの後のキックとペナルティキック(反則後キックティーに乗せて蹴るキック)は2点ですが、ワンバウンドさせて蹴るドロップキックは3点入れることができます。

ノーサイドゲーム6話感想

松たか子がちょっと優しさを見せる

いつも厳しいコメントで君嶋を追い込んでいた真希、今回は君嶋の決断を後押しするというちょっと雰囲気のいいシーンがありました。「その代わり絶対勝ってよ」と言いながら冷蔵庫からプレミアムモルツを取り出し、「自転車通勤頑張ってね」と渡すシーンちょっと夫婦の愛が見えたところが良かったです。君嶋が肩に寄り掛かろうとした時のお約束のコメディーも忘れず見れたシーンでした。

広瀬俊朗の演技が渋い、実は本物のラガーマン

実は濱畑は本物のラグビー選手!ラグビー元日本代表主将の廣瀬俊朗(37)なんです。スタンドオフ(司令塔)役でプロの役者顔負けの存在感を発揮しています。ラグビーシーン以外の演技も自然体で、反響は「やっぱりラグビー選手ではないと思われていることが多いです」。実際の試合以上のタックル本数をこなすなどハードな撮影にも、慶大ラグビー部出身・福澤克雄監督からの「(ラグビーの)プロらしくやれ」という檄に「腹が据わりました」とリアリティーを追求しているそうです。実は、リアリティーを追求し、アストロズの面々には本物のラグビー選手を多く起用しています。
今回君嶋の回想シーンでもあった第1話(7月7日)のラストのタックルのシーンは感動的でした。


最初は君島GMに反発していた浜畑も「あの野郎、ホンマ、好き放題言いやがって。けど、オレかて、そや。オレもリーグ残留なんかじゃ満足できへんねん。もう負けるのは嫌や。やってられるか!オレは、オレはこのチームで優勝したい」。大黒柱・浜畑の心からの叫びがチームを一つにしたところが今回も見れて良かったです。

廣瀬さんは「ラグビーを知らない方から声を掛けられることが増えました。この前も(神奈川県の)藤沢駅で高校生に声を掛けられて『ドラマ、すごくよかったです!ラグビーをやりたくなりました!』と言われたんです。ラグビーなんて見なかった人がドラマを見て『ラグビーをやりたくなった』と言ってくれる。また『このドラマを見て月曜から頑張ろう!』と言ってくれる。『ドラマを見て感動して泣いた。また頑張る!』というメッセージを送ってくれるのは、すごくうれしいですね。このドラマに感謝しています」と喜んでいるそうです。

実は演技を本格的にやったことはない!

演技経験は小学校の学芸会ぐらいで、今回がドラマ初出演です。広瀬さんは「ワクワクしていました」という一方「ただ、どういう過程を経てドラマが作られるのか全く分からなかったので、これからどんなことが待っているんだろう?と思っていました。
ゴールデンウイーク前くらいから、みんなで集まってラグビーの練習とお芝居の練習を何度かさせてもらいましたが、自分がセリフをどれくらい言えるのか心配でしたし、皆さんに迷惑を掛けないかと不安もありました」と気掛かりもあっそうです。それでも「俳優がラグビーの練習をする」のではなく「ラグビー選手が演技の練習をする」という手法に「ジャイさん(福澤監督)が『これは新しいチャレンジだ』と仰っていて、僕自身もチャレンジが好きなので、そのアイデアにまず、やり甲斐を感じましたし、その中心を自分が担えることは光栄です。ラグビーという競技はトップでやってきた経験者と俳優さんではレベルの差を埋められるものではないので、今回、本物のラグビーを見せられる機会を与えていただけてよかったです」と意欲的。

「最初は感情を自然にボンッと出せるのですが、カメラの位置を変えて何度も撮影していく際に同じ感情が100%出せないのが悩みです」と芝居の難しさと同時に「仲間との関係性の中で、どう言った話し方をすれば良いのかを考えたり、また、相手の感情を受けて盛り上がっていくことも、おもしろいと思います」と醍醐味も感じているようです。

次回は濱畑の買収工作がありそう!

来週は、濱畑を巡って色々な動きがありそうです。
ラグビー以外の演技で広瀬さんがどんな演技をするか楽しみですね!

関連記事はこちら

ノーサイドゲーム9話、君嶋が滝川に吠える!

ノーサイドゲーム8話、上川隆也の悪役ぶりが凄い!

ノーサイドゲーム7話、濱畑を巡る戦い、君嶋がサイクロンズの策略に挑む

ノーサイドゲーム5話、アストロズ、紫門の秘密兵器が登場!

ノーサイドゲーム4話、多英と佐々がチームを支える!

ノーサイドゲーム3話大泉洋がアストロズの宣伝に大苦戦

ノーサイドゲーム2話、大泉洋が監督探しで奮闘

ノーサイドゲーム1話、大泉洋の崖っぷちからの逆転ラグビーの始まり!

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます。

白衣の戦士5話、片瀬那奈が演じる不倫の切なさがしみる

家売るオンナの逆襲第7話、サトエリのボーリング姿がかわいい

集団左遷1話、福山雅治の奮闘ぶりと香川照之の悪徳ぶりが凄い!

ドラマ下町ロケットヤタガラス第7話、阿部寛に対する仕打ちがひどい

獣になれない私たち第8話、恒星の人間味にグッと来た!

コメント