ノーサイドゲーム5話、アストロズ、紫門の秘密兵器が登場!

ノーサイドゲーム
スポンサーリンク

ノーサイドゲーム5話あらすじ

ノーサイドゲーム5話あらすじ公式ホームページ

君嶋GM(大泉洋)の経営戦略と柴門監督(大谷亮平)の最新ラグビー理論が合致したアストロズは勝ち星を重ねていった。今年は優勝を伺える位置におり選手たちの士気も高い。一方、カザマ商事買収の道筋をつけた滝川常務(上川隆也)は経済誌で堂々とコスト削減を論じるなど目に見えて影響力を増している。しかしこの件がリークされた裏には滝川とカザマ商事・風間社長(中村芝翫)のある関係性があった。それに気づいた君嶋は元上司・脇坂(石川禅)に調査を依頼する。
そんなある日、滝川が府中工場の視察にやってきた。滝川は工場の合理化を推し進めて人件費などのコストを削減するつもりなのだ。リストラが断行されれば廃部に追い込まれるかもしれない。連勝に沸く選手たちにも不安が芽生え始める。さらに、柴門はサイクロンズ戦の活路が見えず焦る。津田監督(渡辺裕之)は自分の手の内を知り尽くしている。だが、君嶋の発言にヒントを得て選手たちに指示を出す。数日後、アストロズはレスリング道場にいた。
そしてサイクロンズ戦まで数日に迫る中、柴門には津田の因縁を面白がるマスコミからの取材依頼が殺到していた。これを集客に結び付けるべく、君嶋はトキワ自動車本社に津田を招いて両監督の合同記者会見を仕掛ける。

ノーサイドゲーム5話あらすじネタバレ

アストロズの快進撃

アストロズは、開幕戦から11連勝という快挙をなしとげていました。しかし、今年のプラチナリーグは1強15弱、サイクロンズの圧倒的な戦力のまえに他のチームはなすすべがない状態でした。


しかし、紫門はサイクロンズの強者ゆえの余裕、プレーから次のプレーに移る際の時間「リロードタイム」に目をつけ、タックルの後素早く立ち上がり人数的優位な状況を作り出すためレスリング道場へ出稽古!タックルからの素早い立ち上がりがポイントとあってそこを徹底強化します。

合同記者会見

連戦連勝のサイクロンズに対抗するためアストロズは猛練習をしていた。しかし、少し疲れが見え始めチームの士気が下がっていました。
君嶋は練習中にサイクロンズの津田監督と紫門の関係を取材したいと報告受けます。
サイクロンズ中心だった取材の申し込みを君嶋は「合同記者会見」という形で引き受けます、そして、格の違いを見せつけてやると言って参加した津田に対し、紫門は「ラグビーは常に進化するスポーツです。新しいラグビーでサイクロンズを叩き潰します!津田監督には勝つことが礼儀だと思っています!」と真正面から宣戦布告!


これを見ていた選手たちは心を揺さぶられます。特に、濱畑はGMである君嶋を認めキャプテンの哲に掛け声をかけるよう促し、超やる気に溢れるアストロズが誕生するのでした!

秘密兵器の登場

今回の対サイクロンズ戦が始まると、こちらの攻撃の起点である里村と濱畑を徹底マークされ攻めのパターンを大幅に削られてしまします。
しかし、紫門のもと鍛え直したフォワードにより、スクラム中心の攻撃により相手の体力をを徐々に奪い前半終了時21ー12となんとか食らいつきます。
そして前半終了間際、ラインを突破したサイクロンズを止めるため、安斎がタックル!しかし、そのタックルで肩を脱臼してしまい後半戦は絶望的!


そこで、スピード勝負の布陣のため、里村に変わり、佐々を投入するなど若手3人を起用!
観客席では日本代表を交代する選手起用に大盛り上がり!
そして、その戦略は見事にハマり残り1プレイでトライすれば逆転できる状態になります。
そこで、最後のプレイライン際でタックルされながらをトライをした結果、判定はビデオ判定にもつれ込み、足がライン外についた方が早いと認定され逆転ならず!

アストロズは準優勝でシーズンを終了するのでした。

ノーサイドゲーム5話感想

佐々の大活躍

今回は常にチームを支えていた佐々の活躍が光りました。佐々は日本代表でもある里村と違い、パスしかできない選手です。しかし、スクラムハーフというポジションは、スクラムからのスタートやタックルなどで動きが止まり、モールやラックというスクラムみたいな団子状態からパスを出すのが仕事です。そのため、どちらかといえば接触プレーが少なく、パスの能力が光るポジションです。


今回は紫門の腹をくくったという秘密兵器の登場で、サイクロンズの慌てふためくシーンが痛快でした。そして、君嶋の息子の博人とガッツポーズを交換するシーンとか心にジーンとくるものがありました。

松たか子が相変わらず怖い!

今回の真希(松たか子)の君嶋に対する怒りは、博人がアストロズの少年チームでレギュラーを取れずに悩んでいる時、真希は君嶋に「あんたなんとかしなさいよ」と言われて「GMの権力を使ってレギュラーにねじ込めってこと」と返事した時の松たか子の怒りの表情が良かったです。君嶋の怯えぶりもこれぞ大泉洋の真骨頂といった感じの表情で良かったです。

大泉洋が霊長類最強との対決!

前回の相撲に引き続き今回も有名スポーツ選手が登場しました。GM、今回は女子選手です!ということで吉田沙保里選手が登場してきました。

相変わらず絶妙のユニフォームに着られている感が良かったです。こういうシーンもノーサイドゲームの楽しみですよね!

関連記事はこちら

ノーサイドゲーム9話、君嶋が滝川に吠える!

ノーサイドゲーム8話、上川隆也の悪役ぶりが凄い!

ノーサイドゲーム7話、濱畑を巡る戦い、君嶋がサイクロンズの策略に挑む

ノーサイドゲーム6話、本社に戻る?君嶋の決断は!?

ノーサイドゲーム4話、多英と佐々がチームを支える!

ノーサイドゲーム3話大泉洋がアストロズの宣伝に大苦戦

ノーサイドゲーム2話、大泉洋が監督探しで奮闘

ノーサイドゲーム1話、大泉洋の崖っぷちからの逆転ラグビーの始まり!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

松坂桃李主演パーフェクトワールド(新章スタート!心のバリアフリーとは)

白衣の戦士4話、水川あさみと沢村一樹のやりとりがちょっといい感じに!

集団左遷1話、福山雅治の奮闘ぶりと香川照之の悪徳ぶりが凄い!

ドラマ下町ロケット2018ゴースト第5話あらすじ、佃製作所、逆転裁判に挑む!

水曜ドラマ「獣になれない私たち」第6話あらすじ、朱里5tapに乱入!

コメント