ノーサイドゲーム3話大泉洋がアストロズの宣伝に大苦戦

ノーサイドゲーム
スポンサーリンク

ノーサイドゲーム3話のあらすじ

今回は、紫門が合宿を張って、選手を極限まで鍛えてラグビー漬けにしている中、なんとか観客を増やそうと、君嶋がラグビー教室やボランティア活動に選手を駆り出し、選手に不満が溜まってしまうという内容になってます。君嶋がどうこの窮地を切り抜けるか楽しみですね!

公式ホームページでは

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMを務める君嶋(大泉洋)は、様々な数字を分析し黒字への可能性を探る。しかし昨年の平均観客数は非常に低く、その観客の大多数はタダ同然でバラ撒かれたチケットでの入場者だった。人気もなくチケットも売れなければ黒字化など不可能。
さらに、プラチナリーグに参加している企業チームは日本蹴球協会に高額の参加費を払っている。協会はその資金を元手に試合の運営や宣伝、チケットの販売管理などを行っているが、参加費に見合うリターンがあるわけではない。君嶋は各チームのGMが集まる会議の席で収益向上のために知恵を出し合おうと提案するが、協会専務理事の木戸(尾藤イサオ)に一蹴されてしまう。他のチームのGMたちも君嶋に賛同する者は誰一人おらず・・・。
府中に戻った君嶋はファン獲得のために地元に密着した活動をしようと提案する。しかし新しいことを始めるには予算がかかるため、君嶋は追加予算を獲得するべく役員会議で滝川常務(上川隆也)と対決することに。
数日後、新監督の柴門(大谷亮平)は過酷で高度な練習を消化させるため選手をクラブハウスに寝泊りさせ合宿を始める。仕事以外はラグビー漬け、その合間にファンを増やすためのボランティア活動をさせられている選手たちはイライラを募らせていく。キャプテンの岸和田(高橋光臣)は何とかチームをまとめようとがんばるが、心身ともに疲労し練習中に怪我をしてしまう。病院に運ばれた岸和田は、そこで車椅子の少年・雄太(高木波瑠)とその母親(ホラン千秋)に出会い・・・。

ノーサイドゲーム3話のあらすじネタバレ注意

ラグビーボール大作戦

ラグビー教室やボランティアを始めたアストロズ、そんな中、君嶋に300個のラグビーボールの請求書が!なんと選手が配布用に発注してしまったのです。その他にも、ファンクラブのためのホームページの外注などなど追加予算がなんと2000万円に!


そして君嶋は追加予算と引き換えに滝川に結果を求められるという逆境にたたされるのでした。

紫門の練習の効果が!

紫門は、突進力を鍛えるために相撲部屋へ出稽古したり、GPSシステムを使用してそれぞれの動きを分析したりと早くも効果が表れていました。

特に濱畑は、脳の反応を鍛えるメニューを取り入れたりし、かつての動きを取り戻しつつありました。そしてそんな中、紫門が目指すのは、サインなしでもベストな動きでプレイできる究極のチームワーク!それを得るために共同生活を行う合宿を時期を早めるのでした。

厳しさを極める合宿

アストロズは、仕事以外は朝から晩までワグビー漬け、そしてその合間を縫って老人ホーム病院、小学校の訪問、商店街の祭りの手伝い、清掃活動など厳しい生活が続きます。

そして選手たちは、ボランティアをやるより練習に集中するのが先じゃないかと不満を募らせます。そして、開幕1ヶ月前多くの部員がボランティアをボイコットするという状態になってしまいます。

岸和田の怪我と君嶋の未来への投資

岸和田はキャプテンとしてボランティアと練習の両立をするため体に負担がかかっていました、そこで練習中一瞬気が抜けたところで接触し、左肩を亜脱臼する怪我をしてしまいます。退院の時、病院でラグビーボールで遊ぶ子供達を見て自分たちがやってきたボランティアの成果が出ているのを実感します。

そして、心臓の手術を受ける母親(ホラン千秋)から手術の時、勇気と書かれたボールのおかげで、心臓の手術を子供が怖がらずに受けてくれたとお礼を言われ、入院中の子供から「徹から勇気をもらった」と言われた岸和田は、ボランティアは人のためだけじゃなく自分のためにやるものだというファンのために戦う姿勢を学びます。

そして君嶋は岸和田の退院に合わせて選手をねぎらうため宴会を開きます。
そこで、選手からボランティアに対する反発を受けます。

それに対し君嶋は、練習とボランティアの両立の必要性を説きます。
昨シーズンは成績以上に低迷していた観客動員数、これに対して君嶋は、常盤スタジアムをアストロズのファンで一杯にするという夢を語ります。そのためには様々な活動をしてアストロズを知ってもらうことが必要だといいます。


採算が取れない社会人スポーツは経営者の変化で消えたしまう可能性がある。そうしないために、子供達にラグビーを教え、社会からラグビーがなくならないような仕組みを作らなければならない、今のボランティアはそういうラグビーの未来のための投資だと、説得するのでした。

「今やグランドだけが君たちの戦場じゃないんだよ!」

選手たちは心を一つに前を向き始めるのでした!

ノーサイドゲーム3話の感想

大泉洋の今回のコミカルなシーンは相撲

紫門の練習が始まり、突進力を高めるために相撲部屋へ出稽古、ここでアストロズのメンバー(特に多英)にけしかけられ土俵に上がる君嶋、今回はゲスト出演として春日野部屋の栃ノ心関も出演していました。

松たか子が相変わらず手厳しい

今回も松たか子は厳しい反応でした。特に、君嶋がアストロズのファンクラブに入らないかと真希を誘ったところ君嶋の名前だけでもかしてくれといった君嶋に「却下!」とファンクラブのチラシをクシャクシャにして捨てて「私ね!名前だけとかそういうの一番嫌いなの!」それを聞いてえー!とドン引きの君嶋に「それに口説くならちゃんと口説きなさいよ」


「私だって別に、意地悪であなたに協力しないっていっているわけじゃないの!」
「ファンクラブだろうがなんだろうが納得すれば登録するわよ、だからちゃんと言って!アストロズのなにがいいの、ラグビーの何が面白いの!」

もはや恐怖です。返事に困る君嶋が非常にいい味を出していました。松たか子のこの恐妻家ぶりはハマっていて毎週楽しみですね!
そして、長男の博人がいつも君嶋を助けてくれるアットホームな感じが今回も出ていてよかったです。

関連記事はコチラ

ノーサイドゲーム9話、君嶋が滝川に吠える!

ノーサイドゲーム8話、上川隆也の悪役ぶりが凄い!

ノーサイドゲーム7話、濱畑を巡る戦い、君嶋がサイクロンズの策略に挑む

ノーサイドゲーム6話、本社に戻る?君嶋の決断は!?

ノーサイドゲーム5話、アストロズ、紫門の秘密兵器が登場!

ノーサイドゲーム4話、アストロズリストラのピンチ

ノーサイドゲーム2話、大泉洋が監督探しで奮闘

ノーサイドゲーム1話、大泉洋の崖っぷちからの逆転ラグビーの始まり!

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

パーフェクトワールド1話、松坂桃李の格好良さと山本美月のいい子さ加減がやばい!

白衣の戦士2話、酔った中条あやみが部屋着でお泊り!

家売るオンナの逆襲第7話、サトエリのボーリング姿がかわいい

ドラマ下町ロケットヤタガラス第9話、土屋太鳳の涙の理由は?

水曜ドラマ「獣になれない私たち」第6話あらすじ、朱里5tapに乱入!

コメント