集団左遷2話、福山雅治が驚異の泥臭い粘りでピンチを脱出

福山雅治
スポンサーリンク

集団左遷第2話あらすじ

片岡(福山雅治)が支店の目標を発表

「半年で融資額プラス 100 億円を達成したら蒲田支店の廃店を撤回してほしい」と、無謀にも横山常務(三上博史)に直訴した片岡(福山雅治)、そのことを部下たちに伝えますが、案の定、副支店長の真山(香川照之)たちからは猛反発され職場は微妙な雰囲気に…それでも頑張るしかない、と頭を下げて頼み込む片岡、100億も1月に換算すると20億だと気合を入れていきます。

市川猿之助が演じる社長の会社を舞台に融資の争奪戦が

そんな折、横溝(迫田孝也)から「町田エネラル」から 5000 万円の融資の相談を受けたとの報告が。片岡はさっそく横溝と町田社長の元へ挨拶に向かいます。そこで、片岡は融資を別の銀行にも見積もりを頼んでいることを知り、融資の金利を下げるべく副支店長の真山に支店長の権限で金利を下げると相談します。

しかし、またしても蒲田支店に襲いかかる本部の嫌がらせ、一足先にまたしても羽田支店が融資の話を進めます。
一筋縄ではいかない相手に、片岡と蒲田支店はうろたえます。
そして、真山は、早く本部に謝って嫌がらせをやめてもらおうと片岡を説得します。

諦めない男、片岡の意地

真山に説得された片岡は思いもよらない選択をする。
それは、5000万円の融資を取り戻せなかったら本部に謝ると真山に真っ向勝負宣言
何か策はあるのかと聞かれると「頑張るのみ」そして、横溝に「また明日、町田エネラルにいこう」という片岡、しかし、横溝は「いってどうするんですか?」と乗ってこない、しかもショックのあまりに休暇を取るのでした。

集団左遷第2話のポイント(ネタバレ注意)

福山雅治が演じてみせた銀行員としてのプライド

片岡が初めて町田エネラルに横溝と訪れた時に片岡は社長室を見てソーラーパネルに興味があることを予想します。
そして、5000万円の融資がダメであれば、新たにメガソーラー事業を立ち上げさせて融資を伸ばせるのではないかと考えます。
そして、メガソーラー事業のための土地探しをして、千葉に土地を見つけ、町田の信頼を得るのでした。

部下に情熱が少しずつ伝染

今回蒲田支店の部下たちも土地探しを頑張ります。意外にも片岡の町田ゼネラルの土地探しは最初は誰も乗り気じゃなかったですが、片岡の情熱に浮かされて不動産担当者も情熱的に土地を探します。最初は総スカンだった片岡支店長にも少しずつ味方が出てきた感じがします。

集団左遷第2話の感想

福山雅治、意外に細かいところも見ている

町田ゼネラルにメガソーラー事業のことを進言できたのは社長室に行った時にソーラー八重子に関する本があるのを見たからでした。片岡がただの情熱だけの男ではないことがわかるシーンでちょっと良かったです。

関連記事はこちら

集団左遷1話、福山雅治の奮闘ぶりと香川照之の悪徳ぶりが凄い!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

白衣の戦士1話、中条あやみの元ヤンぶりがかわいい

パーフェクトワールド1話、松坂桃李の格好良さと山本美月のいい子さ加減がやばい!

家売るオンナの逆襲、第1話、松田翔太がちょっと不思議なキャラに!

下町ロケット新春特別編は、厳しい戦いになりそう

獣になれない私たち第7話あらすじと感想、京谷に昌が本音をぶちまける!

コメント