パーフェクトワールド1話、松坂桃李の格好良さと山本美月のいい子さ加減がやばい!

松坂桃李、山本美月 パーフェクトワールド
スポンサーリンク

パーフェクトワールド1話あらすじ

12年ぶりの再会は偶然か、それとも運命か―。

学生時代、イラストレーターを夢見ていた川奈つぐみ(山本美月)は、“卒業したら長野に帰る”という約束を父・元久(松重豊)と交わし、東京の大学へ進学したが、卒業後も長野へは帰らず、現在は大学生の妹・しおり(岡崎紗絵)と暮らしながら、インテリアデザイン会社で事務として働いていました。

ある日、上司の東美千代(とよた真帆)から、設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれたつぐみ。するとそこには、高校時代の同級生で、つぐみの初恋の相手・鮎川樹(松坂桃李)の姿が。樹は設計事務所の社長・渡辺剛(木村祐一)の元で、学生時代からの夢だった建築士として働いていたのでした。

待っていたのは思いがけない現実

偶然の再会に胸が高鳴るつぐみは、バスケ部のキャプテンとして活躍していた高校時代の樹の話を一同に聞かせる。さらに、「もうバスケはやってないの?」と何気なく尋ねるが、次の瞬間、樹が車いすに乗る姿を見て絶句。実は、樹は大学時代に事故で脊髄を損傷し、歩けなくなっていたのでした。


その姿を見て「バスケもうやってないの?」と聞いたことを後悔するつぐみ、後日、職場に行き謝ろうとしながら決心がつかずに玄関でウロウロしてたところ、樹とバッタリ、「昨日はゴメン」と謝るつぐみに「わざわざそんなこと言いに来たの?」といい、公園を見に行くデートに誘うのでした。

一方、樹の元には美姫から結婚式の招待状が届いていた。留守電には、結婚式の前にもう一度だけ会いたいというメッセージも。その矢先、仕事先で会ったつぐみに「同窓会、行く?」と聞かれた樹は…。

恋をあきらめた鮎川樹(松坂桃李)と、初恋相手への恋心がよみがえる川奈つぐみ(山本美月)。2人の愛の物語が今始まる!

パーフェクトワールド1話のポイント(ネタバレ注意)

松坂桃李が公園で夢を語る

公園にデートに行った樹とつぐみ、そこで樹は事故にあったことや生活について話します。そのなかで松坂桃李がみせた車椅子のテクニックがすごかったです。ちょっとしたウイリーみたいな感じで前のタイヤを浮かせていました。ウイリーのテクニックが役に立つのか分かりませんが意外と車椅子の人はやっているのか気になります。

公園では、樹が学校の跡地に立てる建物のコンペに参加することをつぐみに話します。障害者になって人に頼りっぱなしだった樹は、みんなに頼られながらプロジェクトを進めることに喜びを感じていて、何としても成功させたいとつぐみに話すのでした。

山本美月が優しさが良く見える

公園デートでつぐみが美術部だったことを話す二人、その中でつぐみが翌日に美術展を見に行くという話に、実は樹もその美術展を見に行きたかったらしく二人は翌日も会うことを約束します。

翌日、待ち合わせ場所に来た樹、つぐみはまさかの車で登場したことにびっくり、そして目的のギャラリーへ到着します。

しかし、ギャラリーはなんと二階でしかもエレベーター等がなく樹が見れないという状況に、そんな状況に焦るつぐみはギャラリーへクレームをいいます!
しかし、樹はそいうことになれているらしく、落ち着いてつぐみをなだめて一人で行ってくるようにいいます。

帰りの車の中でつぐみは、車椅子がダメなことを調べてなくてごめんと謝りますが、樹は本来なら自分が調べるべきだったから謝らないでといいます。それでも謝ってしまうつぐみに、樹は謝ってばっかりいるとせっかくのデートが台無しとなだめます。

そして、樹は事故の後、同級生との繋がりも薄れていたからなんでも話せる友達がいると助かると、いって二人の距離が少し縮まるのでした。

パーフェクトワールド1話の感想

厳しい現実とひたむきに向き合う松坂桃李の姿が感動

パーフェクトワールドでは優しい人を演じつつも、時折見せる辛い思いを乗り切った感じがすごくいいです。障害を持っているのに他人に優しくするところには、なにか「迷惑をかけっぱなしだから、何か少しでも役に立ったりして人と繋がっていたい」といった障害者の気持ちが出ているような感じがして入り込んで見てしまいます。

念願のコンペで急接近する松坂桃李と山本美月の様子が感動する

樹がコンペに間にあわせるため無理して入院してしまいます。この病気は命の危険があるもので、コンペに間に合うのが絶望的で樹はお見舞いに来たつぐみにコンペの手伝いをお願いします。なんとか作業をしている樹でしたが、とうとう作業ができなくなってしまいます。それでも無理をして書こうとする樹につぐみが「私が描く」といい絵を描きます。

そして、つぐみは、樹の指示を受けながら絵を仕上げていきます。樹のイメージ通り絵を仕上げていくつぐみ、樹は実は高校時代につぐみの絵を見ていて、つぐみの絵をきにいっていたのでした。

チェインストーリー1.5で明かされる高校時代の樹とつぐみ

つぐみと樹は高校時代に日直についたことがあります。その時、日直の日誌を書いていたつぐみが日誌に書いた絵を見た樹がつぐみの絵をほめます。

このとき見ていた絵がきっかけで展覧会にも興味を持ったのかもしれませんね

チェインストーリーの中には当時付き合っていた雪村美樹やジミーと呼ばれる是枝洋貴の姿も見ることができます。サブストーリーも見逃せませんね!

ちなみにかわいいつぐみもクッキー作りはにがてみたいです。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

集団左遷1話、福山雅治の奮闘ぶりと香川照之の悪徳ぶりが凄い!

白衣の戦士1話、中条あやみの元ヤンぶりがかわいい

家売るオンナの逆襲、第1話、松田翔太がちょっと不思議なキャラに!

下町ロケット新春特別編は、厳しい戦いになりそう

獣になれない私たち第7話あらすじと感想、京谷に昌が本音をぶちまける!

コメント