集団左遷1話、福山雅治の奮闘ぶりと香川照之の悪徳ぶりが凄い!

福山雅治
スポンサーリンク

集団左遷第1話あらすじ

福山雅治が廃店間近の支店長に!

大手メガバンク・三友銀行に勤めるごく普通のサラリーマン・片岡洋(福山雅治)はある日、蒲田支店の支店長の昇任人事を受けます。
50歳を前に突然の出世に喜ぶ片岡だったが、実はその人事には裏があったのです。

三上博史の演じる取締役が悪どさ満点

徹底した合理化を目指す常務取締役の横山輝生(三上博史)から「半年以内にノルマを達成しなければ蒲田支店は廃店」と告げられます。さらに「廃店が決まっているから頑張らなくていい。無事廃店になればあなたの身は本部が保証する」と言われるのでした。

頑張らない、ノルマは達成しない、廃店の決定を待つ…はたして本当にそれでいいのか!?

横山は旧吸収合併した大昭和銀行系の支店を軒並みつぶそうと考えていました、特に元大昭和銀行の本店で廃店にすると年間10億円のコストが浮かせようとしているのでした。

初出勤!行員はやる気が微妙、香川照之の不機嫌具合が

そしていよいよ支店長としての出勤初日、朝礼で着任の挨拶もそこそこに蒲田支店が融資していた会社の社長がいなくなったと連絡が入る。融資額が5000万円と聞き、片岡は部下の滝川晃司(神木隆之介)を連れて融資先の会社へと向かう。合流した担当者の平正樹(井之脇海)と共に社長の行方を追うのですが「ん?これって頑張っていいんだっけ…?」横山の言葉がよぎり、葛藤する片岡!


そこへ、夜逃げ先を調べるため前の支店長への連絡をしている最中、副支店長の真山徹(香川照之)から、二日後、蒲田支店に臨店(※各支店の融資状況が正しいかどうかチェックする検査)が入るとの連絡が、これは横山がトラブルを嗅ぎつけた罠だったのです。

頑張らなくて良いと言われた50歳間近の銀行支店長片岡洋。そして、リストラ寸前のダメ社員集団の蒲田支店。果たして蒲田は生き残れるのか!? 50歳の支店長片岡の戦いが始まる。

「頑張るなと言われたからって、頑張らないなんてできない!」

集団左遷第1話ポイント

夜逃げ社長を捕まえろ!

話が始まって直ぐに、平の担当の社長が夜逃げ絶望している平を励ましながら、片岡は、ついに通っていたクラブの女の子の家に転がり込んでいる男を捕まえます。しかし、あと一歩のところで、車に乗って逃げられてしまいます。そこで女の子からゴルフクラブの伝票を奪い取る片岡、踏み倒した借金は、ゴルフバッグに入れて送っていたと考えた片岡は、ゴルフ場で待ち伏せ、見事3500万円を回収するのでした。

集団左遷第1話感想

福山雅治、三上博史に牙を向く構図が半沢直樹を思い出す。

今回の対立は、福山雅治演じる片岡と三上博史演じる横山の戦いです。昔の日曜劇場「半沢直樹」での堺 雅人と香川照之の熱い戦いを思い出してしまいます。

今回も、むかっとしたり、スカッとしたり色々な気持ちが味わえそうです。

福山雅治が走ったり、車に飛びついたり以外にアクションしている!

今回かなり福山雅治の走るシーンが多かったと思います。そんなに運動できるイメージがないので、借金を取り立てるために車にしがみつくシーンは意外にびっくりでした。

山田さんが座布団以外のものを運んでいる

今回、ゲスト出演で笑点でおなじみの山田さんが登場していました。役所は、社長の不正に金を隠したゴルフバッグを受け取りに来た宅配便役でした。

運ぶのは座布団だけではないんですね!
意外にいろんなものを運ぶ運び屋として、闇の世界を生きていたらびっくりですね笑

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

白衣の戦士1話、中条あやみの元ヤンぶりがかわいい

家売るオンナの逆襲、第1話、松田翔太がちょっと不思議なキャラに!

ドラマ下町ロケットヤタガラス第9話、土屋太鳳の涙の理由は?

下町ロケット新春特別編、阿部寛と吉川晃司が心広すぎ

水曜ドラマ獣になれない私たち第4話あらすじと感想、新垣結衣がベッドへ!?

コメント