ドラマ下町ロケットヤタガラス第8話、神田正輝が追い込まれる!

下町ロケットゴースト
スポンサーリンク

下町ロケットヤタガラス第8話あらすじ

第7話で記者会見の場で無人農業ロボットの開発を発表した帝国重工の次期社長候補・的場(神田正輝)でしたが、翌日、朝のニュース番組で取り上げられていたのは重田(古舘伊知郎)や伊丹(尾上菊之助)らが手掛けた下町トラクター「ダーウィン」でした。それを見た帝国重工は、大慌て!的場は非常に焦ります。

神田正輝

さらに追い打ちをかけるように、週刊誌に的場が重田(古舘伊知郎)の会社をつぶした時の記事が公表され、世間の風潮は、善玉「下町トラクター」対悪玉「帝国重工のアルファ1」といった感じになってしまいます。もう世の中は、今までいくつもの下請け会社を潰してきたという悪の大企業帝国重工!といったイメージ消えません。後のない的場は無人農業ロボット「アルファ1」の開発を急がせます。
一方、佃(阿部寛)ら佃製作所のメンバーも、敵ながら重田らの鮮やかな手腕に驚きを隠せなかった。そんな時、野木(森崎博之)から大規模な農業イベントである「アグリジャパン」の開催を聞いた佃は、殿村(立川談春)を誘い会場へ足を運びます。このアグリジャパンで下町トラクターとアルファ1の直接対決が行われます。

ダーウィンの試験は大成功!

ダーウィン

悪役一同大喜びでした。

アルファ1の試験、走行性能、畑を耕す性能、安全性能で競いますが、アルファ1はそれぞれで、性能に差をつけられた上に、最終的な安全性能でかかしをひくという大失態!

アルファ1

さらに田んぼから出るときに脱輪して転倒するという大失態を犯し、帝国重工は大ピンチに陥るのでした。

アルファ2

下町ロケット第8話のポイント

帝国重工の社長の件

的場のスキャンダルで帝国重工の社長は藤間社長(杉良太郎)が続投することになりました。的場も会長に呼び出され「次失敗したら君はもう終わりだ」と死の宣告を受ける状態に・・・

神田正輝

藤間社長が社長を続投することになって今までつぶされそうだった、ロケット部門が息を吹き返します。そして、新たな大型ロケットの開発続投が決まります。

木下ほうか

そして、佃はその場で、帝国重工がバルブシステムを内製化するため研究をしていて、品質によっては佃製作所のバルブは使えないと告げられます。
そして、その開発にかかわっている娘の利菜と直接対決することになるのでした。

土屋太鳳

親子対決

家に帰った佃は利菜とバルブシステムの開発のことについて話し合います。

土屋太鳳

実は今まで開発していたことを黙っていたことをちょっと悪いと思い、佃に話すことができてすっきりしているといいます。
佃はそんな利菜がご飯を作るといって遠慮していると、利菜は「家では普通の親子なんだから・・大丈夫、お父さんを倒すときはちゃんと技術で倒すから、毒なんていれないわよ」といってご飯を作ってくれるのでした。

土屋太鳳

こんなかわいい娘さんの晩御飯が食べれるなんて佃さんがうらやましい!

帝国重工の泥沼の戦い

帝国重工ではアルファ1の開発の遅れに焦った的場が結果を出せと、奥沢部長(福澤朗)に開発の指示を出します。しかし、エンジンの小型化などいろいろな問題が解決できずにアグリジャパンにアルファ1を出店できなさそうだと思った奥沢は、開発の仕様書を改造し、当初財前が計画していた中型、小型トラクターから大型トラクターに方針を変えようとします。
それに気づいた財前と奥沢のバトルが勃発!

福澤朗

奥沢は「あんたたち宇宙開発をやってた人間は製造部が作ったもの勝手に売ってればいいんだよ!」と正面から因縁をつけます。まさに虎の威を借る狐状態です。

福澤朗さんの憎たらしい感じが良く演じられてます。現実だったら上司に持ちたくないなー

佃製作所のトラクター開発

チャンスには恵まれていない佃製作所ですが、野木教授(森崎博之)と順調に開発を進めていきます。野木の要求に佃が答え、それを見てまた野木陣営も頑張るといった感じでちょっとほっとします。

竹内涼真

そして、いい味を出していたのが、軽部(徳重聡)でした。休み時間と退社時間にうるさい軽部ですが、情熱あふれる立花が「速く製品化しないと、ギアゴーストに追いつく!」と息巻いてるとき、いつもの不敵な笑みで、「たかが実験用トラクターだろ、何をそんなに息巻いてるんだか」と言い放ちます。

徳重聡

以外にもほかの場面で、開発が成功すると喜んでるシーンを見ると情熱はあるように感じます。
だから、失敗しないように無難なことを一生懸命やってる立花たちにまだまだそんな段階じゃない、失敗しても大丈夫!と言ってる感じがします。

私は実は軽部は、すごくいいやつだと信じてます。言い方がちょっとあれだけど、実はいい人ってたまにいますよねー

下町ロケットヤタガラス第8話感想

今回は的場がちょっと窮地に立たされてちょっとすっきりしました。そして、水原部長(木下ほうか)が藤間社長の予定を抑えたりして、いいやつぶりを発揮してきたので、今後の活躍が期待大って感じです。

今回も、個人的には土屋太鳳さんの振り返り笑顔にやられた感じがしました。

しかし、それ以外にも勝手にきゅんと来たのが佃製作所の開発チームの加納(朝倉あき)がみんなのためにお弁当を作ってきたシーン

朝倉あき

おいしいお弁当と笑顔を届けてくれる部下とか持ってみたいなー

佃さん恵まれてるよー!

次回も大分、帝国重工の的場、奥沢コンビが野木教授に因縁をつけてくるみたいなので、どうかわすか楽しみですね!

関連記事はコチラ

下町ロケットヤタガラス 、実際にロボットで畑に巨大絵

ドラマ下町ロケットヤタガラス第10話、阿部寛の説得力が凄い!

ドラマ下町ロケットヤタガラス第9話、土屋太鳳の涙の理由は?

ドラマ下町ロケットヤタガラス第7話、阿部寛に対する仕打ちがひどい

ドラマ「下町ロケット」ヤタガラス編第6話あらすじと感想、神田正輝が怖い

ドラマ下町ロケット2018ゴースト第5話あらすじ、佃製作所、逆転裁判に挑む!

ドラマ下町ロケット2018ゴースト第4話あらすじと感想、立川談春が熱い!

下町ロケットゴースト第3話あらすじ、小坂大魔王の悪役振りが凄い!

下町ロケットゴースト第2話のあらすじと感想、徳重聡の演技のネチッこさがやばい!

下町ロケットゴースト第1話あらすじ、第1話からテンポが速すぎ!阿部寛、竹内涼真迫真の演技

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

獣になれないわたしたち最終話、新垣結衣の選んだ最後とは?

ドラマ下町ロケットヤタガラス第9話、土屋太鳳の涙の理由は?

 獣になれない私たち第8話、恒星の人間味にグッと来た!

獣になれない私たち第7話あらすじと感想、京谷に昌が本音をぶちまける!

水曜ドラマ「獣になれない私たち」第6話あらすじ、朱里5tapに乱入!

「獣になれない私たち」第5話あらすじと感想、ガッキーが限界近い!

コメント