獣になれない私たち第8話、恒星の人間味にグッと来た!

松田龍平新垣結衣
スポンサーリンク

けもなれ第8話あらすじ

前回は、昌(新垣結衣)が京谷(田中圭)と別れたり、恒星の兄の話になったりと盛りだくさんでした。第8話は、朱里(黒木華)がツクモクリエイトジャパンに就職します。

新垣結衣、黒木華

そこで、朱里は昌に京谷がアパートを出て行ったことを伝えます。そして、朱里は初日から遅刻したりと色々手がかかりそうでしたが、なんとか仕事をやっていきます。

そんな中、京谷がツクモクリエイトジャパンに書類を持ってきます。京谷が来たことに驚いた朱里、最初は隠れていないことにいようとしていまいたが、思い切って京谷を見送りに行き、京谷を驚かせます。

黒木華

そんな中、恒星は、叔父から恒星の兄の良太が酔っ払いからお金を取り、警察に保護されているということで身元を引き受けに行きいます。そして、恒星は、兄の陽太と兄弟げんかを通じて、思いのたけをぶつけあって、兄弟の仲を取り戻します。

そして、謎に包まれていた、橘カイジ(飯尾和樹)は、5tapで恒星に会って、夢を語り、恒星に改めて上場の手伝いをお願いするのでした。

けもなれ第8話のポイント

第8話で分かったことをちょっと詳しく見ていきたいと思います。

恒星の兄、陽太

恒星の兄、陽太(安川順平)は恒星の2歳年上で福島の実家で父親の死後、父の水産加工会社をついで、仕事をしていました。しかし、東日本大震災で被災し、風評被害により水産加工品が売れなくなり、借金をして自転車操業をしていましたが、とうとう闇金に手を出し、会社は倒産し、行方をくらましていたのでした。

安川順平

陽太は、人が良くて従業員を解雇できずに一人で問題を抱え込んでしまうようなタイプでした。そして、失踪した後も、日雇いの仕事を別居中の家族に毎月家賃を送っていました。しかし、怪我をして日雇い労働ができなくなり、すりをしようとしたところ警察に保護されました。

陽太は成績が良くて人気者でしたが、そんなやさしさが、ちょっと恒星に勘違いされていたようなところもありました。兄弟でボードゲーム(生き残り頭脳ゲーム)にはまっていた時に、ある時を境に陽太が恒星に負けるようになりました。本当は恒星が強くなっただけだったのに、良太が気を使って負けていたと思われてしまいます。

このあたりが、恒星のちょっとゆがんだ性格と良太の人の良さが良く出てました。
陽太は、会社の倒産で自信がなくなっていて震災なければと・・過去を引きずり、家族のところに戻る勇気がありませんでした。そんな陽太を恒星は現実を見ていないと文句を言っていましたが、恒星がとの兄弟げんかを通して現実を見るようになり、最終的に家族のもとに帰ることができました。

橘カイジ

第8話では橘カイジがとうとう出てきました。飯尾和樹がやるとはかなり予想を裏切った感じです。ネットでも予想の斜め上をいったと話題になっていて、演技が染み渡る感じと高評価みたいです。

飯尾和樹

呉羽と橘カイジの出会いは、ネットゲームのキャラクターの衣装のデザインを呉羽にお願いしたことから始まります。橘カイジは、呉羽の洋服の話とかで気が合うらしく、呉羽の前向きな姿勢をみて上場を考えているようです。

朱里がはまっていたシュテルオンラインは、橘カイジ的には、自分の手を離れて課金要素が強くなっていったことが気に入らないらしく、そういうゲームは夢がないから終わらせたということでした。そして上場するのに3年はかかると思っていてその間に新しいゲームで勝負すると恒星に話します。
橘カイジにも昔は、引きこもりをやっていてオンラインゲームばかりやっていました。
橘カイジはそんな人たちのためにゲームを作り、遠回りでもいいから夢を持ってほしいと話します。

恒星は、ちょっとひねくれているので夢とかをまっすぐ語れる橘カイジに焼きもちを焼いているような印象でした。なので、橘カイジのゲームの話も、陽太の震災で理不尽に幸せを奪われた話を引き合いに、しょせん成功者のざれごとだとドライな反応を示します。

これから橘カイジがどんな活躍をしてくれるか楽しみですね!

けもなれ第8話の感想

第8話でよかったシーンはやっぱり恒星と陽太の兄弟げんかでお互いに思いっきりたまっていたものをぶつけあうシーン

松田龍平、安川順平

そして陽太の家族との再会のシーンが良かったですね!最近年を取ったせいかこういうシーンに対して涙腺が大分ゆるめです。

松田龍平、安川順平

そして、今回最大の見せ場が恒星が実家の解体終了の報告書を読みながら、涙を流すシーンでした。

松田龍平

普段は、人間味の少ない恒星が、実家の写真を何度も見返したり、部屋の中に置いてあった生き残り頭脳ゲームを見たり、なんだかんだ言って色々な思い出が詰まった実家が更地になるというのは切ない思いがこみ上げるんでしょうね、特に陽太と兄弟げんかをして思い出を蒸し返した後ならなおさらです。

ちょっと気になったのが、恒星の帰り道に昌がネットオークションで生き残り頭脳ゲームを買ってきて、恒星の事務所で対決するシーン。

生き残り頭脳ゲーム

検索したらほんとにネットオークションで売ってました。検索時点では3100円でした。リメイク品(サバイバルゲーム)も発売されているので興味がある方はチャレンジしてみるのもいいかも、個人的には、ガッキーとこのゲームやってみたいなー

新垣結衣、松田龍平

関連記事はコチラ

獣になれない私たち第7話あらすじと感想、京谷に昌が本音をぶちまける!

水曜ドラマ「獣になれない私たち」第6話あらすじ、朱里5tapに乱入!

「獣になれない私たち」第5話あらすじと感想、ガッキーが限界近い!

水曜ドラマ獣になれない私たち第4話あらすじと感想、新垣結衣がベッドへ!?

水曜ドラマ「獣になれない私たち」第3話あらすじと感想

水曜ドラマ「獣になれない私たち」第2話、ガッキーの衣装が攻撃的、ブーツの秘密

水曜ドラマ「獣になれない私たち」第1話、あらすじ新垣結衣が大変すぎる!

獣になれないわたしたち、キャストや見どころを紹介

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

ドラマ下町ロケットヤタガラス第7話、阿部寛に対する仕打ちがひどい

ドラマ「下町ロケット」ヤタガラス編第6話あらすじと感想、神田正輝が怖い

ドラマ下町ロケット2018ゴースト第5話あらすじ、佃製作所、逆転裁判に挑む!

ドラマ下町ロケット2018ゴースト第4話あらすじと感想、立川談春が熱い!

コメント