ドラマ下町ロケットヤタガラス第7話、阿部寛に対する仕打ちがひどい

土屋太鳳下町ロケットヤタガラス
スポンサーリンク

下町ロケットヤタガラス第7話

前回は、何とか農業ロボットを作るために佃(阿部寛)が頑張って、元大学同期の農業用ロボットを研究している大学教授の野木(森崎博之)を説得し、頑張っていこうというところでした。
そんなある日、財前(吉川晃司)が佃製作所を訪れます。
佃(阿部寛)らは笑顔で迎え、試作中のトランスミッションの説明をします。しかし、そこで財前が告げたのは、突然の取引中止でした。
帝国重工の次期社長候補と目される的場(神田正輝)により、エンジンとトランスミッションの内製化の方針が急きょ決定したということです。前回怖いかをで財前に向かって「佃製作所をきれ!」といった身の毛がよだつシーンを思い出します!

それを聞いた佃製作所側は、長年取引のあったヤマタニに仁義を通し、社運を賭けた挑戦だっただけに、社員一同も猛抗議!しかし、板挟みにあっている財前にはどうすることもできません。
さらに財前は、こんな状況でさらに厚かましいお願いをしなければならないと切り出ます。それは、佃製作所が離脱するならプロジェクトを降りると言う野木(森崎博之)を説得してほしいというものでした。
さすがの佃も自分たちは梯子を外され、そのうえ親友・野木の説得と、さすがに虫がよすぎると激昂する佃でしたが、殿村の米を支えたいと思う佃はあくまでこのプロジェクトを続けるつもりだと野木を説得するのでした。

さらに、娘の利菜もプロジェクトで何やらライバル関係に、佃の四面楚歌状態があまりにかわいそうです・・・

土屋太鳳

第7話あらすじ

第7話は、帝国重工のごり押しの大企業主義に佃製作所が振り回され、的場の指示のもと、財前が佃にトランスミッションとエンジンの供給を断られた挙句に、野木教授に協力の説得だけはお願いするというものでした。しかし、納得いかない佃は、一度は断ります。

しかし、山谷製作所のライバル会社のキジマ工業にエンジンとトランスミッションのセットで契約が決まりかけ、少し会社が潤いそうだった矢先に、ダイダロスのエンジンとギアゴーストに契約を持っていかれてしまいます。

原因は、トランスミッションのスペック不足です。エンジンだけなら契約できたものをトランスミッションでギアゴーストに大きな差をつけられたためでした。そこで、佃はトランスミッションの力不足を見つめなおし、野木の技術を世の中に出すことこそ、日本の農業のために必要だと決断し、野木の説得に向かいます。

阿部寛

佃は、野木の説得のため北海道に行きます。そこで、野木は、佃が帝国重工にはしごを外されたことに怒り帝国重工に協力しないといいます。しかし、農業のことを思う財前の姿勢は本物だといい、農業の未来のために協力してほしいと説得します。そして、佃は、このまま終わるつもりはないと、野木と農業用ロボットの共同開発を申し出て、野木はそれに応じる形で帝国重工に協力することを決めるのでした。

そして、帝国重工が新たな農業用ロボットの開発をメディアへ発表する日、ダイダロスとギアゴーストはダーウィン計画として、実際に無人で動くトラクターを公開し、「下町トラクター」として発表します。完全に後れを取ってしまった帝国重工、これからダーウィン計画、帝国重工、三つ巴の開発競争が進んでいきそうですね!

第7話のポイント

帝国重工のやり方

今回は、帝国重工が大分汚く描かれています。いわゆる、部下の手柄は自分の手柄、中小企業なんてなんとも思っていない。これが今回も非常に出ています。的場は、野木を説得した財前を用なしとして、プロジェクトから外し、部長の奥沢靖之(福澤朗)に野木との交渉に当たらせます。この交渉中に帝国重工に野木は不信感を抱きます。

福澤朗

開発コードを開示しろ、特許を子会社に移して共同開発をするなど、色々手を変え迫ってきます。特に、佃製作所に対する姿勢は、なんともいやらしかったです。そこで、野木が「開発コードをくれてやるよ、ただし、あの開発コードを世界中に公開してやる。そうなれば、国内外の企業たちが、軒並み開発を始める。あっという間に無秩序な過当競争だ!帝国重工の優位性もたちまち失われるだろうな、私たちだって、あなたたちから仕事を頼まれた下請けだ!下請けが必要ないというんなら、私の研究だって必要ないはずだ!そこまであなたたちが凄いというのなら、お得意の完全内製化ってやつで、自分たちの力でやればいいだろ!よそよりも優れたものを下請け抜きで、作れるもんなら作ってみろ!」といい奥沢を撃退します!

福澤朗2

今後、野木との交渉には財前が当たることを条件に、野木は帝国重工に協力することにします。
奥沢の表情の変化がなんともいいですね、スカッとします。

利菜の出世

佃が帝国重工の取引で頼りにしているバルブシステム、実は、前回チームリーダーに抜擢された佃利菜(土屋太鳳)が帝国重工の内製のバルブシステムの開発に抜擢されます。これで、バルブ開発について航平とライバルになってしましいます。仕事の話も家でできなくなりちょっと家の雰囲気が悪くなってしまいます。

土屋太鳳

今後、物語に影響を与えていきそうです。

殿村の米

殿村は農業法人への参加を断ったため、販売場所を奥に追いやられたり、家の前にごみを置かれたり、嫌がらせを受けます。

立川談春

同級生の稲本(岡田浩暉)も最初はいい奴かと思いきや、第7話から明らかに敵側に回ります。
ボンボンの吉井(古川雄大)は相変わらず田舎の嫌ないじめっ子ていう感じでした。

いつか痛い目を見させてくれそうです。

ダーウィン計画

第7話から本格的に、ダイダロスとギアゴーストの中小企業連合が牙をむき始めました。特に無人トラクターのTV出演は完全に帝国重工を打ち負かした感があります。
野木はまだ、技術を盗んだキーシンが噛んでいることを知りませんが、知ったら、佃と野木は情熱を燃やしそうですね!

古舘伊知郎

第7話の感想

第7話は、それぞれのチームの活動が活発化してきました。今後の三つ巴の戦いが見ものですね!

今回のしびれるセリフは野木が奥沢に言った「下請けが必要ないというんなら、私の研究だって必要ないはずだ!そこまであなたたちが凄いというのなら、お得意の完全内製化ってやつで、自分たちの力でやればいいだろ!」がしびれましたね、手のひら返した福澤朗の表情がとても気持ち良かったですね!

今後は、島津(イモトアヤコ)の佃製作所入りのタイミングが気になるところです。多分簡単には入ってこないので、劇的にすっきりする場面での登場を期待したいですね!

後は、佃が、「農業用ロボットの開発に参入して、ギアゴーストを遥かにしのぐ別次元のトランスミッションを作る!負けたままじゃ悔しいだろ」といった後の、軽部の表情がいいです。

徳重聡

ネットでも話題になった徳重聡の演技!ヤタガラス編でも注目していきたいですね!

 

関連記事はコチラ

ドラマ「下町ロケット」ヤタガラス編第6話あらすじと感想、神田正輝が怖い

ドラマ「下町ロケット」ゴースト第5話あらすじ、佃製作所、逆転裁判に挑む!

下町ロケットゴースト第4話あらすじと感想、立川談春が熱い!

下町ロケットゴースト第3話あらすじ、小坂大魔王の悪役振りが凄い!

下町ロケットゴースト第2話のあらすじと感想、徳重聡の演技のネチッこさがやばい!

下町ロケットゴースト第1話あらすじ、第1話からテンポが速すぎ!阿部寛、竹内涼真迫真の演技

下町ロケットゴースト、ヤタガラスが放送、キャストに阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真、イモトも出演!

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

獣になれない私たち第7話あらすじと感想、京谷に昌が本音をぶちまける!

水曜ドラマ「獣になれない私たち」第6話あらすじ、朱里5tapに乱入!

「獣になれない私たち」第5話あらすじと感想、ガッキーが限界近い!

コメント