ドラマ「下町ロケット」ヤタガラス編第6話あらすじと感想、神田正輝が怖い

阿部寛下町ロケットゴースト
スポンサーリンク

下町ロケットヤタガラス

前回でゴースト編が終わって、今回からヤタガラス編になります。

島津(イモトアヤコ)から、ギアゴーストはダイダロスと資本提携をしたと聞いた佃(阿部寛)たちは、急いで伊丹(尾上菊之助)のもとを訪れます。
しかし、帝国重工時代に、伊丹を退社においやった的場(神田正輝)への復讐に燃える伊丹は、佃製作所からの恩義を忘れ、「あなたたちとでは生き残ることはできない」と非情な宣告をする。それを聞いた佃は激昂するが、伊丹は取り合いません……。

そんな折、財前(吉川晃司)が佃を訪ねてきます。財前は新規事業として、無人農業ロボットの開発を目指していると告白。それは、高齢化が進み、深刻な労働力不足にあえいでいる日本の農業を救いたいと、開発を決めました。
そこで、財前は新しく帝国重工が開発する農機具のエンジンとトランスミッションを佃製作所に供給してもらいたいというお願いに来たのでした。
さらに財前はほかの協力者として、北海道農業大学の教授で、無人農業ロボット研究の第一人者である、野木(森崎博之)の名前を挙げます。
野木は佃の大学時代の同期で、互いを高めあった親友で、そんな野木を新規事業に協力するよう、説得してくれと財前から頼まれます。

今回は新しい展開になるので、新たな登場人物も増え、先が気になります!

第6話あらすじと感想

ギアゴーストの伊丹の元へ佃が出かけ、ダイダロスとの資本提携の件を問いただします。そして、佃は伊丹から山谷製作所のトランスミッションの件も白紙になったことを伝え、今後佃製作所と取引はしないことを告げられます。

阿部寛、尾上菊之助、安田顕

裏切った後の尾上菊之助の憎たらしい表情が神経を逆なでします!

佃製作所に戻った、佃は社員にギアゴーストへのバルブの提供が白紙になったことを伝え、佃製作所の社員はギアゴーストへの不信感を募らせます。その夜、ギアゴーストの文句をいいながら居酒屋で飲んでいた、立花(竹内涼真)加納(朝倉アキ)の前にギアゴーストの社員が現れます。

氷室

佃製作所に気づいた柏田は、場所を変えようとしますが、島津の代わりに新しく入った開発主任の氷室(高橋努)は佃製作所に突っかかってきます。それを聞いた、立花は本来ならそっちから謝りに来るのが筋でしょ、島津さんは一人で謝りに来ましたよ。あんなものづくりの天才から活躍の場所を奪うのはどうかと思いますよ」と言い返します。氷室はそれを聞いて佃製作所はもういらない、そして、島津に対してももう用済みで価値のない人間だと、言い放ちます。

島津が佃製作所を訪れた時、佃は島津に佃製作所に来ないかと誘います。しかし、島津は「何か疲れちゃったんですよね」と誘いを断ります。

自動農業用ロボット

佃製作所に財前がやってきて、新しくヤタガラスの衛星システムを使って自動で納屋から出発し、畑を耕し、納屋に戻る完全自動の農業用ロボットを作るという話を持ってきます。そして、帝国重工には農業用の器具のラインナップがなく、新たに作る農耕機のエンジンとトランスミッションを供給してほしいと頼みます。

吉川晃司

そして、ロボットを開発するにあたり、佃の大学の同期で北海道で農業用ロボットを開発している野木教授(森崎博之)を説得してほしいと頼まれます。

北海道へ行った佃は、自動で動くトラクターに驚きます。自動で動くだけでなく人を感知して勝手に止まるトラクターに感動して、何度もトラクターを止めます。

阿部寛

そんな中、野木とあった佃は、ヤタガラスの打ち上げに成功したおかげで、ロボットの作業の制度が上がったことをいいヤタガラスの打ち上げが非常にやくにたったと野木から言われます。

その夜、ジンギスカンを食べながら昔話に花を咲かせていたところ、佃は農業ロボットを開発しないかという話をします。そこで、財前も合流し野木を説得しようとしますが、野木は過去にキーシンという会社から共同開発を持ち掛けられ、技術を盗まれ、さらに訴訟に発展する事態になり、研究の時間を削られたことがあり、企業に対してマイナスイメージを持っていて、結局佃たちは野木を説得することができませんでした。

阿部寛、森崎博之

殿村の農業

殿村は、農業をやっている同級生の稲本(岡田浩軍)から、一緒に農業法人をやらないかと誘われます。しかし、殿村は自分の米のブランド化ができないため、断ります。

後日、佃がもう一度、原点を思い出すためにトラクターに乗りに殿村を訪ねます。しかし、殿村のトラクターは故障中だったため、トラクターに乗れず、佃はトラクターを修理することになります。そこで、農林協同組合の吉井(古川雄大)が登場し、なんで農業法人に入らなかったと文句を言いにきます。

立川談春

そこで、殿村の米を米なんて食えればいい、あんたみたいな素人が米作りなんてできるわけないでしょと馬鹿にします。それに対し、殿村は猛反発!
「お客が味がわからないだと!素人なのはあんたのほうだ、うちのお客さんはうちの米の品質を理解してくれているうちのプライドを買ってくれてるんだ。あんたが見たいな奴がいると米がまずくなるさっさと帰ってくれ!」と吉井を追い出します。

その殿村の米作りに対する姿勢を見た佃は農業用ロボットへの参入を決意するのでした。

 

 

 

新しい憎たらしいキャラクターが次々と登場しますね!

野木の説得

佃は東京の学会に来ていた野木に、農業用ロボットへ参入することを決めたと告げ、もう一度誘います。しかし、野木は頑なに協力を拒みます。佃は、今日うちに泊まってご飯でも食べないかと、誘います。

そこで、佃は野木を帝国重工で行われる、佃製作所のバルブ試験に連れていきます。そこで、帝国重工と佃製作所の社員の姿をみて、昔佃とともにロケットを作っていたことを思い出します。

野木は試験の目標値に達しなかった様子をみて、バルブのチーフとなっていた、利菜にどれくらい足りなかったのかを聞くと利菜は、0.8%足りなかったと答えます。

土屋太鳳

それを聞いた、野木は驚いて企業でも研究に対する熱意があることを理解します。

その夜、佃の家でご飯を食べていた野木は、佃から殿村の米についての話を聞き、佃とともに農業用ロボットの開発に協力することをきめるのでした。

的場のプロジェクト参入

的場は財前のプロジェクトに興味を抱き、直接指揮を執ることを決めます。佃は、財前から総責任者が的場になったとを告げ、佃を的場に合わせます。そこで、的場は佃製作所のことを中小企業だと馬鹿にした態度をとります。それに対し、佃は、実績を作ってなんぼと言われたことに対し、期待してくださいと、言い返します。

神田正輝、阿部寛

しかし、その後、的場はトランスミッションの内製化をきめ、的場に対し佃製作所を切れと命じます。

一方で、的場が農業用ロボットのプロジェクトに参加することを知った、伊丹と重田はわざわざ水から地獄に足を踏み入れてくれるとは、とライバル関係になることに異様な執念を燃やし始めるのでした。

また、次回も佃製作所に災難が降りかかってきそうです。逆転劇に期待したいですね!

関連記事はコチラ

ドラマ下町ロケット2018ゴースト第5話あらすじ、佃製作所、逆転裁判に挑む!

下町ロケットゴースト第4話あらすじと感想、立川談春が熱い!

下町ロケットゴースト第3話あらすじ、小坂大魔王の悪役振りが凄い!

下町ロケットゴースト第2話のあらすじと感想、徳重聡の演技のネチッこさがやばい!

下町ロケットゴースト第1話あらすじ、第1話からテンポが速すぎ!阿部寛、竹内涼真迫真の演技

下町ロケットゴースト、ヤタガラスが放送、キャストに阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真、イモトも出演!

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます

水曜ドラマ「獣になれない私たち」第6話あらすじ、朱里5tapに乱入!

「獣になれない私たち」第5話あらすじ、ガッキーが限界近い!

水曜ドラマ獣になれない私たち第4話あらすじと感想、新垣結衣がベッドへ!?

コメント